原因不明の慢性そう痒症(CPUO)を有する成人患者を対象としたデュピルマブの有効性及び安全性を評価するランダム化、二重盲検、プラセボ対照、多施設共同、並行群間試験 2 試験のマスタープロトコル

治験

目的

本治験は、原因不明の慢性そう痒症(CPUO)を有する18~90歳の成人男女を対象に、最大24週間投与されたデュピルマブの有効性及び安全性を評価する。また並行群間、二重盲検盲検盲検、2投与群、第III相試験II相試験II相試験I相試験I相試験という同様のデザインを用いた実施期間の異なるA試験及びB試験からなる。A試験のWeek 12における結果がB試験に提供される。

A及びB試験とも、最長4週間のスクリーニング後、重度のそう痒症(最もひどい痒み数値評価尺度[WI-NRSが7以上)を有する被験者は、4週間の導入期間に移行、その間に非鎮静性抗ヒスタミン薬及び保湿薬を用いる。ベースライン時に依然として重度のそう痒症(WI-NRSが7以上)の被験者はランダム化(1:1)され、抗ヒスタミン薬及び保湿薬に加えデュピルマブ又はプラセボのいずれかの投与を24週間(A試験)又は12週間(B試験)受ける。治験薬投与期間後、12週間の追跡調査期間が続く。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

フェーズ3

参加条件

性別

男性・女性


年齢

18歳 以上90歳 以下


選択基準

- 同意説明文書への署名時点で、18歳(又は治験実施国における同意の法定年齢)から90歳までの被験者

- スクリーニング来院前の少なくとも6か月間、慢性そう痒症(CP)を有していた被験者

- ベースライン時に治験責任(分担)医師による評価で原因不明と考えられる慢性そう痒症 (皮膚疾患又は全身性疾患に続発する慢性そう痒症、神経障害に起因する又は心因性、薬剤による慢性そう痒症は除外する)

- 脚、腕、又は体幹のうち2つ以上の身体部位に及ぶ慢性そう痒症

- 過去の治療によるコントロールが不十分であったCPの既往歴

- そう痒症に影響する可能性のある併発疾患(糖尿病、鉄欠乏など)は最適治療を行うこと

- スクリーニング時のWI-NRS(範囲は0~10、スコアが高いほど悪い)の最もひどい痒みスコアが7以上、及びスクリーニング時のそう痒のPGISスコアが「重度」である重度のそう痒症の既往歴を有する被験者

- 導入期間来院前7日間及びDay 1前7日間においてWI-NRSの最もひどい痒みスコアの平均が7以上の被験者

- Day 1にそう痒の 患者の全般印象評価-疾患重症度(PGIS)で「重度」である被験者


除外基準

以下のいずれかの基準に該当する場合は、治験の組入れ対象から除外する。

- 治験責任(分担)医師の判断により、本治験への参加に悪影響を及ぼす可能性がある重度の併発疾患がある患者

- 患者が適切な治療を受け、現在生物学的製剤による治療を開始可能であることが十分に記録されている場合を除き、活動性の結核(TB)、非結核性抗酸菌感染症、又は治療未完了のTBを有する患者

- 寄生虫感染と診断されている、寄生虫感染が疑われるか、そのリスクが高い患者、及び/又はスクリーニング来院前2週間以内に抗寄生虫薬を使用している患者

- ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染歴

- 重度の腎不全(透析)

- 導入期間来院前2週間以内に抗生物質、抗ウイルス剤又は抗真菌剤の全身投与を必要とする活動性の慢性又は急性感染症に罹患した患者

- 免疫不全症の既往歴が判明している、又は疑われる患者

- 活動性の悪性腫瘍を有している患者、又はベースライン来院の前5年以内に悪性腫瘍を有していた患者(ただし、治療が完全寛解した子宮頸部上皮内癌、並びに治療により完全寛解及び寛解した皮膚の非転移性扁平上皮癌又は基底細胞癌は除く)

- 非鎮静型抗ヒスタミン薬に対する過敏症又は不耐性の既往歴

- デュピルマブのこれまでの治験への参加又は市販で入手可能なデュピルマブで治療した患者

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

1. A試験:Week 12での日々の 最もひどい痒み数値評価尺度(WI-NRS)の週平均値がベースラインから4以上改善(減少)した被験者の割合[評価期間:ベースラインからWeek 12]

WI-NRS は、0(「痒みなし」)から10(「想像しうる最悪の痒み」)までの尺度で評価する単一項目の 患者報告アウトカム(PRO)である。

2. B試験:Week 12での日々の WI-NRSの週平均値がベースラインから4以上改善(減少)した被験者の割合[評価期間:ベースラインからWeek 12]

WI-NRS は、0(「痒みなし」)から10(「想像しうる最悪の痒み」)までの尺度で評価する単一項目のPROである。


第二結果評価方法

1. A試験:Week 12でのそう痒の 患者の全般印象評価-疾患重症度(PGIS)で「なし」又は「軽度」である被験者の割合[評価期間:Week 12]

そう痒のPGISは、被験者に過去1週間の痒みの重症度に関する全般的な自己評価を4段階で評価するように求める単一項目の分類別尺度である。回答の選択肢は、「なし」、「軽度」、「中等度」、「重度」である。

2. A試験:Week 12での日々のWI-NRSの週平均値のベースラインからの絶対変化量[評価期間:ベースラインからWeek 12]

WI-NRS は、0(「痒みなし」)から10(「想像しうる最悪の痒み」)までの尺度で評価する単一項目のPROである。

3. A試験:Week 12での日々のWI-NRSの週平均値のベースラインからの変化率[評価期間:ベースラインからWeek 1]

WI-NRS は、0(「痒みなし」)から10(「想像しうる最悪の痒み」)までの尺度で評価する単一項目のPROである。

4. A試験:Week 24での日々のWI-NRSの週平均値がベースラインから4以上改善(減少)した被験者の割合[評価期間:ベースラインからWeek 24]

WI-NRS は、0(「痒みなし」)から10(「想像しうる最悪の痒み」)までの尺度で評価する単一項目のPROである。

5. A試験:Week 24でのそう痒のPGISで「なし」又は「軽度」である被験者の割合[評価期間:Week 24]

そう痒のPGISは、被験者に過去1週間の痒みの重症度に関する全般的な自己評価を4段階で評価するように求める単一項目の分類別尺度である。回答の選択肢は、「なし」、「軽度」、「中等度」、「重度」である。

6. A試験:Week 24での日々のWI-NRSの週平均値がベースラインから4以上改善(減少)した被験者の割合[評価期間:ベースラインからWeek 24]

WI-NRS は、0(「痒みなし」)から10(「想像しうる最悪の痒み」)までの尺度で評価する単一項目のPROである。

7. A試験:ベースラインからWeek 24までの間でWI-NRSが4以上減少する初回奏効に要した期間[評価期間:ベースラインからWeek 24]

WI-NRS は、0(「痒みなし」)から10(「想像しうる最悪の痒み」)までの尺度で評価する単一項目のPROである。

8. A試験:Week 24での日々のWI-NRSの週平均値のベースラインからの絶対変化量[評価期間:ベースラインからWeek 24]

WI-NRS は、0(「痒みなし」)から10(「想像しうる最悪の痒み」)までの尺度で評価する単一項目のPROである。

9. A試験:Week 24での日々のWI-NRSの週平均値のベースラインからの変化率[評価期間:ベースラインからWeek 24]

WI-NRS は、0(「痒みなし」)から10(「想像しうる最悪の痒み」)までの尺度で評価する単一項目のPROである。

10. A試験:Week 12での日々の睡眠障害 数値評価尺度(NRS)の週平均値のベースラインからの絶対変化量[評価期間:ベースラインからWeek 12]

睡眠障害NRSは、被験者が過去24時間の痒みによる不眠の程度の報告に用いるNRSである。1日1回午前中に、0(「かゆみに関連する睡眠不足はない」)から10(「かゆみのせいで全く眠れない」)までで睡眠障害を評価する。

11. A試験:Week 12での日々の睡眠障害NRSの週平均値のベースラインからの変化率[評価期間:ベースラインからWeek 12]

睡眠障害NRSは、被験者が過去24時間の痒みによる不眠の程度の報告に用いるNRSである。1日1回午前中に、0(「かゆみに関連する睡眠不足はない」)から10(「かゆみのせいで全く眠れない」)までで睡眠障害を評価する。

12. A試験:Week 12での皮膚疾患特異的なQOL尺度(DLQI)スコアのベースラインからの変化量[評価期間:ベースラインからWeek 12]

DLQIは、成人患者における皮膚疾患に特化した 生活の質(QoL)測定のためのバリデートされた10項目の質問票である。総合得点は0~30点で、点数が高いほどQoLが不良であることを示す。

13. A試験:Week 12での痒みQoLスコアのベースラインからの変化量[評価期間:ベースラインからWeek 12]

痒みQoLは、そう痒症患者に特有の疾病負荷を測定するそう痒症に特化したQoLツールである。これは、そう痒が過去1週間の生活の質にどの程度影響したかを測定する22項目のツールである。22項目における1から5までのスコアの平均を全体のスコアとする。スコアが高いほどQoLへの悪影響が大きくなる。

14. A試験:Week 12での 病院における不安と抑うつに関する質問票(HADS)合計スコアのベースラインからの変化量[評価期間:ベースラインからWeek 12]

HADSは、非精神病患者集団における不安及び抑うつをスクリーニングするためのバリデート済みの質問票である。合計スコアは0~42(0~7:正常、8~10:境界域異常、11~21:異常)である。

15. A試験:Week 24での日々の睡眠障害NRSの週平均値のベースラインからの絶対変化量[評価期間:ベースラインからWeek 24]

睡眠障害NRSは、被験者が過去24時間の痒みによる不眠の程度の報告に用いるNRSである。1日1回午前中に、0(「かゆみに関連する睡眠不足はない」)から10(「かゆみのせいで全く眠れない」)までで睡眠障害を評価する。

16. A試験:Week 24での日々の睡眠障害NRSの週平均値のベースラインからの変化率[評価期間:ベースラインからWeek 24]

睡眠障害NRSは、被験者が過去24時間の痒みによる不眠の程度の報告に用いるNRSである。1日1回午前中に、0(「かゆみに関連する睡眠不足はない」)から10(「かゆみのせいで全く眠れない」)までで睡眠障害を評価する。

17. A試験:Week 24でのDLQIスコアのベースラインからの変化量[評価期間:ベースラインからWeek 24]

DLQIは、成人患者における皮膚疾患に特化した 生活の質(QoL)測定のためのバリデートされた10項目の質問票である。総合得点は0~30点で、点数が高いほどQoLが不良であることを示す。

18. A試験:Week 24での痒みQoLスコアのベースラインからの変化量[評価期間:ベースラインからWeek 24]

痒みQoLは、そう痒症患者に特有の疾病負荷を測定するそう痒症に特化したQoLツールである。これは、そう痒が過去1週間の生活の質にどの程度影響したかを測定する22項目のツールである。22項目における1から5までのスコアの平均を全体のスコアとする。スコアが高いほどQoLへの悪影響が大きくなる。

19. A試験:Week 24でのHADS合計スコアのベースラインからの変化量[評価期間:ベースラインからWeek 24]

HADSは、非精神病患者集団における不安及び抑うつをスクリーニングするためのバリデート済みの質問票である。合計スコアは0~42(0~7:正常、8~10:境界域異常、11~21:異常)である。

20. A試験:ベースラインから治験終了(EOS)までに治験薬投与下で発現した有害事象(TEAE)又は重篤な有害事象(SAE)を発現した被験者の割合[評価期間:ベースラインからWeek 36]

ベースラインからEOSまでにTEAE又はSAEを発現した被験者の割合。

21. A試験:治験薬投与下で発現したデュピルマブに対する抗薬物抗体(ADA)の発現頻度[評価期間:ベースラインからWeek 36]

治験薬投与下で発現したデュピルマブに対するADAの発現頻度。

22. B試験:Week 12でのそう痒の患者の全般印象評価-疾患重症度(PGIS)で「なし」又は「軽度」である被験者の割合[評価期間:Week 12]

そう痒のPGISは、被験者に過去1週間の痒みの重症度に関する全般的な自己評価を4段階で評価するように求める単一項目の分類別尺度である。回答の選択肢は、「なし」、「軽度」、「中等度」、「重度」である。

23. B試験:Week 12での日々のWI-NRSの週平均値のベースラインからの絶対変化量[評価期間:ベースラインからWeek 12]

WI-NRS は、0(「痒みなし」)から10(「想像しうる最悪の痒み」)までの尺度で評価する単一項目のPROである。

24. B試験:Week 12での日々のWI-NRSの週平均値のベースラインからの変化率[評価期間:ベースラインからWeek 12]

WI-NRS は、0(「痒みなし」)から10(「想像しうる最悪の痒み」)までの尺度で評価する単一項目のPROである。

25. B試験:Week 12での日々のWI-NRSの週平均値がベースラインから4以上改善(減少)した被験者の割合[評価期間:ベースラインからWeek 12]

WI-NRS は、0(「痒みなし」)から10(「想像しうる最悪の痒み」)までの尺度で評価する単一項目のPROである。

26. B試験:ベースラインからWeek 12までの間でWI-NRSが4以上減少する初回奏効に要した期間[評価期間:ベースラインからWeek 12]

WI-NRS は、0(「痒みなし」)から10(「想像しうる最悪の痒み」)までの尺度で評価する単一項目のPROである。

27. B試験:Week 12での日々の睡眠障害数値評価尺度(NRS)の週平均値のベースラインからの絶対変化量 [評価期間:ベースラインからWeek 12]

睡眠障害NRSは、被験者が過去24時間の痒みによる不眠の程度の報告に用いるNRSである。1日1回午前中に、0(「かゆみに関連する睡眠不足はない」)から10(「かゆみのせいで全く眠れない」)までで睡眠障害を評価する。

28. B試験:Week 12での日々の睡眠障害NRSの週平均値のベースラインからの変化率[評価期間:ベースラインからWeek 12]

睡眠障害NRSは、被験者が過去24時間の痒みによる不眠の程度の報告に用いるNRSである。1日1回午前中に、0(「かゆみに関連する睡眠不足はない」)から10(「かゆみのせいで全く眠れない」)までで睡眠障害を評価する。

29. B試験:Week 12でのDLQIスコアのベースラインからの変化量[評価期間:ベースラインからWeek 12]

DLQIは、成人患者における皮膚疾患に特化した 生活の質(QoL)測定のためのバリデートされた10項目の質問票である。総合得点は0~30点で、点数が高いほどQoLが不良であることを示す。

30. B試験:Week 12での痒みQoLスコアのベースラインからの変化量[評価期間:ベースラインからWeek 12]

痒みQoLは、そう痒症患者に特有の疾病負荷を測定するそう痒症に特化したQoLツールである。これは、そう痒が過去1週間の生活の質にどの程度影響したかを測定する22項目のツールである。22項目における1から5までのスコアの平均を全体のスコアとする。スコアが高いほどQoLへの悪影響が大きくなる。

31. B試験:Week 12でのHADS合計スコアのベースラインからの変化量[評価期間:ベースラインからWeek 12]

HADSは、非精神病患者集団における不安及び抑うつをスクリーニングするためのバリデート済みの質問票である。合計スコアは0~42(0~7:正常、8~10:境界域異常、11~21:異常)である。

32. B試験:ベースラインからEOSまでにTEAE又はSAEを発現した被験者の割合[評価期間:ベースラインからWeek 24]

ベースラインからEOSまでにTEAE又はSAEを発現した被験者の割合。

33. B試験:治験薬投与下で発現したデュピルマブに対するADAの発現頻度[評価期間:ベースラインからWeek 24]

治験薬投与下で発現したデュピルマブに対するADAの発現頻度。

利用する医薬品等

一般名称

デュピルマブ(遺伝子組換え)、プラセボ、フェキソフェナジン(利用可能でない場合はロラタジン)、保湿薬


販売名

なし、なし、国内上市品 、国内上市品