企業治験

子宮筋腫手術前の患者に対するdMD-003の安全性確認試験

治験詳細画面

目的


この治験は、子宮筋腫核出術を受ける予定の患者を対象に、dMD-003の安全性を確認するための試験です。

対象疾患


子宮筋腫

参加条件


募集前

女性

20歳以上

上限なし

選択基準

腹腔鏡下手術、腹腔鏡補助下手術あるいは開腹手術による子宮筋腫核出術を予定している方

除外基準

r-ASRM分類で中等症(III度)以上の子宮内膜症の疑いがある方
r-ASRM分類で中等症(III度)以上の子宮内膜症の疑いがある方

治験内容


今回の治験は、介入研究と呼ばれるもので、治療法を試す研究です。フェーズ2というのは、治療法が安全かつ有効かどうかを確かめるための段階です。対象疾患は、子宮筋腫という病気で、治療法を探すために行われます。主要な評価方法は、手術後12週間までに起こる副作用の発生率を調べることです。

治験フェーズ

フェーズ2: 少数の軽度な患者さんが対象

利用する医薬品等

利用する薬品情報はありません

実施組織


持田製薬株式会社

東京都新宿区四谷1-7

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。