第二種

自分の脂肪から取り出した細胞を使った歯周病治療法の開発

治験詳細画面

目的


この治験は、歯周病の治療法の改善を目的として、自己脂肪組織由来多系統前駆細胞(ADMPC)を移植することで、治療効果や安全性を評価するものです。治療法の改善により、重度歯周病患者に対する有効性が期待されます。

基本情報


募集ステータス

募集中

対象疾患

歯周病

フェーズ2

参加条件


この治験に参加するための条件は、20歳以上であること、男性でも女性でも参加できることです。また、以下の条件を満たす歯を持っていることが必要です。それは、重度歯周炎、垂直性骨欠損、角化歯肉が存在する歯です。さらに、歯周基本治療が完了しており、口腔衛生が確立していることが必要です。そして、本臨床研究の参加について文書により同意が得られていることが必要です。一方、参加できない人は、悪性腫瘍を合併している、ビスホスホネート系薬剤を使用したことがある、妊娠中、授乳中、移植36週後までに妊娠を希望している、重度な血液疾患、骨標的ホルモン代謝異常の患者などです。実施責任者の判断により、本臨床研究への参加が不適当と考えられる患者も参加できません。

治験内容


この治験は、重度歯周病の治療方法を研究するものです。治験のタイプは介入研究で、フェーズ2という段階にあります。治験の主な目的は、移植手術を受けた後の歯周病の改善を評価することです。評価方法は、移植手術後36週間後の臨床的なアタッチメントの獲得量や、新生歯槽骨の増加率、歯周組織検査値の変化などを調べます。

利用する医薬品等


利用する薬品情報はありません

組織情報


実施責任組織

大阪大学歯学部附属病院

大阪府吹田市山田丘1番8号

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。