手術・手技

顎矯正手術後の骨接合材料について、HA含有PLLA製吸収性材料と金属製材料の比較試験

治験詳細画面

目的


この治験は、顎変形症患者に対して行われる顎矯正手術において、新しい吸収性骨接合材料を使用する群と従来の金属製骨接合材料を使用する群を比較し、術後の骨片の動きを測定することで、手術の効果を評価することを目的としています。

基本情報


募集ステータス

募集中

対象疾患

顎変形症

情報なし

参加条件


この治験に参加できる人は、18歳以上60歳未満で、男性でも女性でも参加できます。ただし、昭和大学歯科病院顎顔面口腔外科に通院中で、顎矯正手術を予定している人だけが選ばれます。また、参加する前に本人が同意書にサインして同意を得る必要があります。ただし、20歳未満の場合は、代理人が同意書にサインする必要があります。ただし、PLLA、HA、チタンにアレルギーがある人、口唇裂や口蓋裂を合併している人、下顎骨の骨片移動量が10mmを超える人、骨片移動量の差が左右で5mm以上ある顔面非対称の人、または研究担当医師が不適格と判断した人は、参加できません。

治験内容


この治験は、顎の形が変形している病気である「顎変形症」を対象に行われます。治験のタイプは「介入研究」で、フェーズ0と呼ばれる段階で行われます。主な目的は、下顎枝矢状分割術を受けた患者さんの骨片移動量を1か月後、3か月後、6か月後、12か月後に評価することです。また、ナビゲーションシステムを用いた術中の骨片移動量や、プレート固定に用いたスクリューの数や長さ、年齢や性別、不正咬合に関するAngle分類なども評価します。

利用する医薬品等


利用する薬品情報はありません

組織情報


実施責任組織

昭和大学歯科病院

東京都大田区北千束2-1-1

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。