術前4D flow MRI解析を用いた瘤分枝塞栓術による腹部大動脈瘤ステントグラフト内挿術後の瘤径増大予防の前向き検討

目的

腹部大動脈瘤患者に対するステントグラフト内挿術前に、4D flow MRIを用いて血行動体の解析を施行し、瘤分枝総延血流量が13.5ml/min以上の時に瘤分枝塞栓術を施行することで術後の瘤径の拡大が抑制されることを非塞栓術施行群と比較検討し、術前の4D flow MRIを用いた治療方針の決定の妥当性を明らかにすることを目的として行う。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

腹部大動脈瘤


治験フェーズ

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上上限なし


選択基準

腹部大動脈瘤の診断で腹部大動脈瘤ステントグラフト内挿術の治療を受ける予定の患者

および、ヒストリカルコントロールとして、2013年1月1日から2021年3月31日に浜松医科大学医学部附属病院を受診し腹部大動脈瘤と診断され腹部大動脈瘤ステントグラフト内挿術を行った患者のうち術前に4D flow MRIを実施した患者


除外基準

1. 緊急手術例(破裂・切迫破裂症例)    

2. 腎機能低下症例(eGFR 30ml/min以下)

3. MRIの同意が得られない(例:閉所恐怖症など)

4. MRI禁忌(造影剤アレルギー、人工内耳/人工関節/ペースメーカー等の体内金属留置のあるもの)

5. 研究者が本研究への参加を不適切と判断した場合

治験内容

研究のタイプ

非特定臨床研究介入研究


主要結果評価方法

腹部大動脈瘤治療後1年時点での瘤径増大(CT上で最大短径5mm以上の増大)の有無


第二結果評価方法

術後1年後のTypeIIエンドリークの有無

利用する医薬品等

一般名称

販売名

組織情報

実施責任組織

浜松医科大学


住所

静岡県浜松市東区半田山1丁目20番1号