口腔機能向上が身体的・精神的フレイルに及ぼす有効性の検証:ランダム化比較試験

目的

本研究の主目的は、フレイル期、あるいは前フレイル期の高齢者に対して、口腔機能の改善プログラムを実施することで、口腔機能はもとより、身体機能の低下が予防・改善できるのかについて、ランダム化比較研究を行い、検証することである。また、高齢者の状態に応じた介入プログラムの内容、頻度はどうあるべきかを検討する。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

60歳 以上上限なし


選択基準

以下の基準をすべて満たす患者を対象とする

1)同意取得時において年齢が60歳以上

2)口腔体操の実施経験がない者

3)岡山大学病院歯科・予防歯科部門の外来患者

4)本研究の参加にあたり十分な説明を受けた後、十分な理解の上、患者本人の自由意思による文書同意が得られた患者


除外基準

以下のいずれかに抵触する患者は本研究に組み入れないこととする

1)自立歩行ができない者

2)アンケート調査に回答できない者

3)その他、研究責任者、研究分担者が研究対象者として不適当と判断した患者

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

フレイル (日本版Cardiovascular Health Study Index)


第二結果評価方法

サルコペニア(筋骨格筋量)

栄養状態(簡易栄養状態評価)

口腔機能(舌苔細菌数、口腔湿潤度、咬合力、舌圧、咀嚼機能、舌口唇運動機能、嚥下機能)

歯数:現在歯数、機能歯数

歯周状態:歯周ポケット深さ、プロービング時の出血

精神・心理状態(老年期うつ病評価尺度)

社会的フレイル指標(Makizakoの指標)

利用する医薬品等

一般名称

販売名