がん遺伝子パネル検査を目的とした膵腫瘍性病変に対する超音波内視鏡下穿刺吸引生検 (EUS-FNB)における22Gと19G穿刺針での検体採取に関する前向き無作為化比較試験

臨床研究

目的

膵腫瘍性病変に対するがん遺伝子パネル検査を目的としたEUS-FNBにおいて、22G針の19G針に対する優越性を検証する

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

フェーズ2

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上上限なし


選択基準

EUS-FNBでのがん遺伝子パネル検査を予定している膵腫瘍患者


除外基準

Performance status 3-4の症例

出血傾向を有するもしくは、血小板数が5万/mm2未満の症例

抗血栓薬2剤以上の内服している症例

超音波内視鏡にて病変描出または血管の介在などにより穿刺ルートがない症例

妊婦

同意取得時の年齢が20歳未満の症例

試験参加について十分な説明を受けた後、十分な理解の上、患者本人の自由意思による文書同意が得られなかった症例

その他、研究責任(分担)医師が被験者として不適切と判断した症例

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

がん遺伝子パネル検査に適した検体採取率


第二結果評価方法

腫瘍割合

切片表面積

推定核酸量

Core tissue length

Histology score

手技成功率

検査偶発症

がん遺伝子パネル検査成功率

腫瘍内に造影不良域があり検体採取した場合は、造影不領域からの検体標本を同様に検討する

利用する医薬品等

一般名称

販売名