エフィエント錠 特定使用成績調査 -脳梗塞発症リスクが高い虚血性脳血管障害患者-

治験

目的

脳梗塞発症リスクが高い虚血性脳血管障害に対し、エフィエント錠を新規に使用した患者における使用実態下での安全性(出血性有害事象の発現)及び有効性について検討することを目的とする。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

下限なし上限なし


選択基準

以下の基準の全てに合致する患者(1)本剤を初めて投与する大血管アテローム硬化又は小血管の閉塞に伴う虚血性脳血管障害患者(脳梗塞発症リスクが高い場合に限る※1)※1:高血圧症、脂質異常症、糖尿病、慢性腎臓病、最終発作前の脳梗塞既往のいずれかを有する患者(2)契約期間内(施設ごとの契約書に基づく契約期間)かつ2023年6月30日までに本剤の投与を開始した患者(3)文書で同意をした患者


除外基準

なし

治験内容

観察研究


主要結果評価方法

・出血性有害事象の発現割合・脳梗塞イベントの発現割合


第二結果評価方法

利用する医薬品等

一般名称

プラスグレル塩酸塩


販売名

エフィエント錠2.5mg、エフィエント錠3.75mg

組織情報