補体阻害薬の治療を受けたことがない、あるいは最近補体阻害薬の治療を受けていない発作性夜間ヘモグロビン尿症成人患者を対象に、Pozelimab とCemdisiran による併用療法の有効性と安全性を、Ravulizumab を対照として評価する試験

治験

目的

補体阻害薬治療を受けたことがない、あるいは最近補体阻害薬治療を受けていない活動性の発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)患者を対象に、pozelimab とcemdisiran の併用投与とravulizumab 投与の26 週間の投与期間における溶血及び赤血球(RBC) 輸血量に対する効果を評価すること本治験の副次的目的:• Pozelimabとcemdisiranの併用投与とravulizumab投与の効果を以下のように評価する:- 溶血の測定- 輸血パラメータ- ヘモグロビン値- 臨床転帰評価 (COA) で評価する疲労度- COAで評価するHRQoL- 安全性及び忍容性- 補体活性血清中の総pozelimab濃度及び総ravulizumab濃度、血漿中のcemdisiran濃度及び総C5タンパク質濃度を評価する

基本情報

募集ステータス
募集前


フェーズ3

参加条件

性別

男性・女性


年齢

18歳 以上上限なし


選択基準

1. 高感度フローサイトメトリー検査により確認されたPNH の診断がプロトコルに記載されている。2. プロトコルに記載されたPNH に関連する1つ以上の徴候又は症状と定義する活動性疾患がある。3. スクリーニング来院時のLDH 値 >=2×ULN4. その他の選択基準が適用される。


除外基準

1. スクリーニング前3 ヵ月以内にeculizumab による治療歴がある、又はスクリーニング前6 ヵ月以内にravulizumab による治療歴がある、又はスクリーニング前の当該補体阻害薬の5 半減期以内に他の補体阻害薬による治療歴がある。2. 臓器移植、骨髄移植、その他の血液学的移植の既往がある。3. スクリーニング来院時の体重が40 キログラム未満。4. 投与期間中に治験薬以外の補体阻害薬の使用を予定している。5. 現地の添付文書(入手可能な場合) に従い、ravulizumab に関する髄膜炎菌ワクチン接種の要件を満たしておらず、最低でもスクリーニング来院前5 年以内に髄膜炎菌ワクチンの接種を証明する書類を提出することが必要であるがこれができない者6. 髄膜炎菌ワクチン接種の禁忌がある。7. 髄膜炎菌予防のための抗生物質が服用できない(現地でのravulizumab 添付文書、ある場合は国のガイドライン/現地診療で必要とされる場合、又はワクチン接種が治験薬投与開始後2 週間未満の場合に必要とされる場合)。8. スクリーニングの2 週間以内又はスクリーニング期間中に、活動的で進行中の感染症、又は抗生物質、抗ウイルス剤、抗真菌剤による全身治療を継続的に必要とする感染症が進行中又は最近感染した。9. 活動性でコントロール不良な進行中の全身性自己免疫疾患の病歴が認められる。10. その他の選択基準が適用される。

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

1. LDH 値の変化率 [期間: ベースラインからWeek 26]2. 輸血回避 [期間: Day1からWeek 26]


第二結果評価方法

1.溶血の適切なコントロールの維持[期間: Week 8からWeek 26]プロトコルに基づきLDH <=1.5×ULN2. ブレイクスルー溶血 [期間: ベースライン後Day1からWeek 26]LDH >=2×ULN3. 溶血の適切なコントロール[期間: Week 8からWeek 26]プロトコルに基づきLDH <=1.5×ULN4. ヘモグロビンの安定化[期間: ベースライン後Day1からWeek 26]赤血球輸血を受けず、ベースラインからのヘモグロビン値の減少がプロトコルに基づく患者5. LDH の正常化[期間: Week 8からWeek 26]LDH <=1.0×ULN6. FACIT-Fatigue Scale で測定した疲労度の変化 [期間: ベースラインからWeek 26]7. EORTC-QLQ-C30 におけるPF スコアの変化 [期間: ベースラインからWeek 26]8. EORTC-QLC-C30 による全般的健康状態(GHS)/QoL スケールスコアの変化[期間: ベースラインからWeek 26]9. 輸血された赤血球の割合と単位数[期間: ベースライン後Day 1 からWeek 26]プロトコールアルゴリズムに従う10. 最初にLDH <=1.5×ULN 及び<=1.0×ULN となるまでの時間11. LDH が1.5×ULN 以下となった日数の割合[期間: Week 8 からWeek 26]12. ヘモグロビン値の変化 [期間: ベースラインからWeek 26]13. 総CH50 の変化量及び変化率[期間: ベースラインからWeek 26]14. 評価した血漿中の総C5 濃度 [期間: Week 26まで]15. 評価した血清中の総pozelimab 濃度 [期間: Week 26まで]16. 評価した血漿中のcemdisiran 濃度 [期間: Week 26まで]17. 評価した血清中の総ravulizumab 濃度 [期間: Week 26まで]18.評価したpozelimab に対する治療上緊急の抗薬物抗体(ADA) の発症率 [期間: Week 26まで]19.評価したcemdisiran に対する治験下で発現したADA の発生率 [期間: Week 26まで]20. 治験下で発現した重篤な有害事象 [期間: Week 26まで]21. 治験下で発現した注目すべき有害事象(TEAE) [期間: Week 26まで]22. 26 週以上の投与中止に至ったTEAE の発生率及び重症度 [期間: Week 26まで]

利用する医薬品等

一般名称

Pozelimab、Cemdisiran、Ravulizumab


販売名

NA、NA、ユルトミリス HI点滴静注300mg/3mL/ユルトミリス HI点滴静注1100mg/11mL