ラミンA/C遺伝子変異を有する症候性拡張型心筋症患者を対象としたPF-07265803の第3相,多施設共同,無作為化,プラセボ対照試験 (治験実施計画書番号:C4411002)

治験

目的

ラミンA/C遺伝子変異を有する症候性拡張型心筋症患者を対象にPF 07265803の有効性,安全性および薬物動態プラセボと比較し評価する。

基本情報

募集ステータス
募集前


フェーズ3

参加条件

性別

男性・女性


年齢

18歳 以上上限なし


選択基準

主な選択基準:

・症候性ラミンA/C遺伝子変異(LMNA)関連の心筋症クラスII/III/またはクラスIVの患者が以下と定義される:

・認定された臨床検査機関で病原性または病原性である可能性の高い(P/LP)または臨床的意義不明の変異(VUS)のLMNA変異が陽性と判定された

・50%以下の左室駆出率(LVEF)として判定される心機能障害のエビデンスを有する

・植込み型除細動器(ICD)または両室ペーシング機能付き植込み型除細動器(CRT-D)の植込みを予定している。ICD(治験投与開始の4週間以上前に植込み)またはCRT-D(治験投与開始の6ヵ月以上前に開始し,治験投与開始の4週間以上前に除細動機能が開始している)

・クラスII/IIIの患者の場合,6分間歩行試験(6MWT)の低下により証明される客観的な機能障害を有する必要がある. a. スクリーニング:6MWT距離 100 m超450 m以下,およびb.第-1来院: 6MWT距離100 m超485 m以下,およびc. ベースライン来院 (第1日): 6MWT距離100 m超485 m未満

・クラスII/IIIの患者の場合,病態が3ヵ月以上安定する必要がある

・過去1 ヵ月に心不全の薬剤の用量に変更がなく,治験医師の責任判断により,地域[例:米国心臓協会(AHA)/米国心臓病学会(ACC)または欧州心臓病学会(ESC)]のガイドラインに準ずる安定した薬物療法および(または)機器療法を受けている

・治験実施計画書に規定された投与開始前35日以内に指定された許容可能な肝機能および腎機能臨床検査値を満たす必要がある


除外基準

主な除外基準:

•治験責任医師の判断により,心不全に寄与する他の型の心筋症(例:炎症性または浸潤性心筋症),臨床的に意味のある心臓解剖学的異常(例:左室動脈瘤),臨床的に意味のある冠動脈疾患(例:冠動脈再開通術,労作性狭心症),または心不全に起因しない,血行動態的に意味のある(すなわち,中等度から重度)矯正されていない原発性の構造的弁膜疾患のある治験参加者

•強心薬の間欠または持続静注を現在受けている,または補助人工心臓がある,または過去に心臓移植歴がある治験参加者。心臓移植のためにリストアップされている治験参加者は,今後6ヵ月以内に移植が行われる可能性が低い場合に登録することができる。

スクリーニング前の3 ヵ月以内に以下のいずれかに該当する治験参加者:心筋梗塞,心臓外科手術(ペースメーカー/ICD/CRT-D の植込みまたは交換を除く),急性冠症候群,敗血症のエビデンスを伴う重度の全身性感染症または全身麻酔を必要とする大手術

•慢性腎代替療法(例:血液透析または腹膜透析)を現在受けている,または高リスクで6ヵ月以内には必要と判断される治験参加者

スクリーニング前の6 ヵ月以内にCRT を開始した治験参加者

•第1日前の35日以内に心不全に対する何らかの治験薬投与を受けた治験参加者。活動性悪性腫瘍またはスクリーニング前の3年以内に診断された悪性腫瘍がある治験参加者。ただし,外科的な治療で切除されたin situ悪性腫瘍または外科的に治癒した早期の乳癌,前立腺癌,皮膚癌(基底細胞癌,扁平上皮癌),甲状腺癌もしくは子宮頚癌,または,メディカルモニターの承認のもと,2 年再発率が20%未満と予想されるその他の早期ステージの外科的な治療で切除された悪性腫瘍を除く。

•生存期間を1年未満に制限する心臓以外の症状がある治験参加者

スクリーニング時点で,B型肝炎表面抗原,C型肝炎ウイルス血症またはHIVに対して血清陽性の治験参加者

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

主要評価項目:

1.6分間歩行試験(6MWT)のベースラインからの変化[評価期間:第24週時点]

6MWTは6分間で平らで硬い路面で歩く距離を測定する。


第二結果評価方法

副次評価項目:

1.6分間歩行試験(6MWT)のベースラインからの変化[評価期間:第4週および第12週時点]

6MWTは6分間で平らで硬い路面で歩く距離を測定する。

2.Kansas City Cardiomyopathy Questionnaire(KCCQ)の身体的制限(PL)ドメインのベースラインからの変化[評価期間:第12週および第24週時点]

KCCQは,患者さんが自己記入式の質問票であり,記入には4~6分間ほどかかる。KCCQには,23の項目があり,身体的機能,臨床症状,社会的機能,自己効力感,生活の質(QoL)などの項目が含まれている。PLはKCCQの一つのドメインであり,7の項目が含まれる。ドメインスコアの範囲は0~100であり,スコアが高いほど健康状態が良好であることを示す。

3.KCCQの総合症状スコア(TSS)ドメインのベースラインからの変化[評価期間:第12週および第24週時点]

KCCQは,患者さんが自己記入式の質問票であり,記入には4~6分間ほどかかる。KCCQには,23の項目があり,身体的機能,臨床症状,社会的機能,自己効力感,生活の質(QoL)などの項目が含まれている。TSSは,症状の負担,症状の頻度,および症状の重症度である質問票のドメインに基づく複合スコアである。ドメインスコアが0~100の範囲に変換される。スコアが高いほど健康状態が良好であることを示す。

4.心不全症状および身体活動の制約における重症度に関する患者の全般的印象(PGI-S)スコアのベースラインからの変化[評価期間:第12週および第24週時点]

評価尺度:症状なし,軽度,中等度,重度または非常に重度(良いから悪い順)

5.心不全症状および身体活動の制約における変化に関する患者の全般的印象(PGI-C)スコアのベースラインからの変化[評価期間:第12週および第24週時点]

評価尺度:非常に良い,少し良い,変化なし,少し悪い,悪い,非常に悪い(良いから悪い順)[評価期間:第12週および第24週時点]

6.N末端プロ脳性(B型)ナトリウム利尿ペプチド(NT-proBNP)のベースラインからの変化[評価期間:第4週,第12週および第24週時点]

7.原因を問わない死亡または心不全悪化(WHF)の複合評価項目に対するARRY-371797(PF-07265803)の影響の評価[評価期間:無作為化から最大80ヵ月まで]

無作為化からWHF(心不全に関連した入院または心不全に関連する緊急受診)もしくは原因を問わない死亡のいずれかのイベントが最初に発現するまでの期間として定義

8.ARRY-371797(PF-07265803)の全生存期間(OS)に対する影響の評価[評価期間:無作為化から最大80ヵ月まで]

無作為化からの原因を問わない死亡までの期間として定義

9.ARRY-371797(PF-07265803)の安全性評価[評価期間:無作為化から最大80ヵ月まで]

有害事象の発現率および重症度。臨床的安全性検査項目,バイタルサインおよび12リードECGにおける変化,ならびに検出された心室性または心房性不整脈の発生率および重症度。

利用する医薬品等

一般名称

PF-07265803


販売名

なし