再発性の多発性硬化症患者におけるremibrutinibの有効性及び安全性をteriflunomideと比較評価する試験

治験

目的

本治験の主要目的は,確定再発の頻度の低減効果においてremibrutinibがteriflunomideに比べ優れていることを実証することである。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

フェーズ3

参加条件

性別

男性・女性


年齢

18歳 以上55歳 以下


選択基準

- スクリーニング時点で18 歳以上55 歳以下の男性又は女性患者- McDonald 診断基準2017 年改訂版(Thompson et al. 2018)に従ってRMS と診断された患者- スクリーニング前の過去1 年以内に1 回でも再発した記録があるか,過去2 年以内に2 回以上再発した記録がある,若しくはスクリーニング前12 ヵ月以内に活動性を示すガドリニウム(Gd)造影病変が少なくとも1 つ認められた患者- スクリーニング時及びランダム化時のEDSS スコアが0 以上5.5 以下の患者- スクリーニング及びランダム化前の1 ヵ月間にわたり神経学的に安定している患者(この期間にMS 再発がないことを含む)


除外基準

- スクリーニング時にMcDonald 診断基準2017 年改訂版(Thompson et al. 2018)に従って一次性進行型多発性硬化症(PPMS)と診断された患者。- スクリーニング時のEDSS スコアが2 以下で,罹病期間が10 年を超えている患者- 臨床的に重要な中枢神経系疾患(例:脳卒中,外傷性脳損傷又は脊髄損傷,脊髄障害の既往又は合併)の既往歴がある患者- 物質乱用(薬物又はアルコール)が認められる患者- 悪性腫瘍の既往歴(皮膚の限局性基底細胞癌又は子宮頸部上皮内癌の完全切除は除く)を有する患者- 確定した進行性多巣性白質脳症(PML)の既往歴があるか,又はランダム化前にPML に合致する神経症状が認められる患者- 自殺念慮又は自殺行動が確認される患者- 臨床的に重要な心血管疾患,神経疾患,精神疾患,肺疾患,腎疾患,肝疾患,内分泌疾患,代謝疾患,血液疾患,又は消化管疾患を示唆する所見が認められる患者- 脾摘摘出術を受けた患者- 臨床的に重要であると判断される全身性の細菌,ウイルス,寄生虫,又は真菌感染症を有する患者- 梅毒又は結核検査で陽性と判定された患者- 再燃時に通常副腎皮質ステロイド薬が経口又は非経口投与されるコントロール不良の病状(喘息や炎症性腸疾患等)が認められる患者- MS 以外で活動性かつ慢性[免疫療法(例:レフルノミド,メトトレキサート)で安定している場合を含む]の免疫疾患(例:関節リウマチ,全身性エリテマトーデス)を有する患者- 免疫不全症候群(AIDS,遺伝性免疫不全症,薬剤性免疫不全症)の既往歴があるか,スクリーニング時のHIV 抗体検査で陽性と判定された患者- 急性又は慢性肝炎,肝硬変,肝不全等の肝疾患に対する治療歴があるか治療を受けている患者,中等度又は重度の肝障害(Child-Pugh 分類クラスC),慢性肝疾患,又は胆道疾患を有する患者- 重度腎疾患の既往歴があるか、クレアチニン値が高値の患者- 肝炎の再活性化が起きるリスクがあるか,再活性化が起きている患者- スクリーニング時の血液学的検査項目: ヘモグロビン:10 g/dL 未満(100 g/L 未満) 血小板数:100,000/mm3 未満(100 × 109/L 未満) リンパ球数:800/mm3 未満(0.8 × 109/L 未満) 白血球数:3,000/mm3 未満(3.0 × 109/L 未満) 好中球数:1,500/mm3 未満(1.5 × 109/L 未満) B 細胞数が正常値下限(LLN)の50%未満,又は総IgG 及び総IgM がLLN 未満(スクリーニング前にリツキシマブ,ocrelizumab,オファツムマブ等のB 細胞療法を受けたことがある患者にのみ適用)。- 心電図異常の既往歴があるか,異常が認められる患者- 治験薬投与前(ランダム化前)の安静時のQTcF が男性では450 msec 以上,女性では 460 msec 以上の患者。- 他の治験薬の投与を受けている患者- 抗凝固薬(例:ワルファリン,NOAC)を必要とするか,抗血小板薬2 剤併用療法(例:アセチルサリチル酸 + クロピドグレル)を受けている患者。- スクリーニング時に消化管出血[例:非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)の使用に伴う出血]の既往歴がある患者- スクリーニング前8 週間以内に大きな手術を受けた患者- 治験薬若しくはその添加剤に対する過敏症の既往歴がある患者- ランダム化前の時点で妊娠中又は授乳中の女性患者- 妊娠可能な女性で治験中の効果的な避妊法の実施に同意しない患者- 性活動が可能な男性で治験中の効果的な避妊法の実施に同意しない患者- ランダム化前6 週間以内に生ワクチン又は弱毒生ワクチンを接種した,又は治験薬投与期間中のいずれかの時点でこれらのワクチン接種を受ける必要がある患者。- ランダム化前2 週間以内に強力なCYP3A4 阻害剤又は強力なCYP3A4 誘導剤を使用した患者

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

確定再発を用いた年間再発率(ARR)


第二結果評価方法

利用する医薬品等

一般名称

remibrutinib


販売名

なし