第二種

再生軟骨細胞を使った変形性関節症の治療に関する研究

治験詳細画面

目的


この治験は、変形性膝関節症の進行を予防する治療法が不十分であるため、脂肪由来幹細胞を投与する治療法が注目されている。本研究では、自己脂肪由来幹細胞から作製した軟骨細胞塊を関節内投与し、細胞数の違いによる安全性及び有効性を明らかにすることが目的である。

対象疾患


変形性関節症

参加条件


募集中

この治験に参加できる人は、年齢が20歳以上80歳未満で、男性でも女性でも参加できます。ただし、変形性関節症で、疼痛がある人で、治験の説明を受けて理解し、同意書にサインした人が対象です。また、治験期間中に定められたスケジュールに従って通院できる人が参加できます。ただし、重篤な心疾患、肝疾患、腎疾患、血液疾患、免疫不全、関節リウマチ、痛風、糖尿病で末梢神経障害、対象部位の骨壊死症、うつ病、認知症、統合失調症、不安神経症などの精神神経疾患、薬物依存症やアルコール依存症の既往や合併がある人は参加できません。また、医師が不適当と判断した人も参加できません。

治験内容


この治験は、変形性関節症という病気に対して、新しい治療法を研究するものです。治験のタイプは「介入研究」で、フェーズ1という段階で行われます。治験の目的は、軟骨細胞塊治療の安全性と有効性を評価することです。治験の主要な評価方法は、治療による副作用や有害事象、臨床検査値の変化などです。また、治療の有効性を評価するために、生理機能検査や画像検査(CT、MRI)などが行われます。膝関節痛の評価には、Visual Analogue Scale (VAS)という方法が使われます。治験に参加することで、新しい治療法の開発に貢献することができます。

治験フェーズ

フェーズ1: 健康な成人が対象

利用する医薬品等

利用する薬品情報はありません

実施組織


医療法人財団檜扇会 クリニック 東京虎ノ門COR

東京都港区虎ノ門四丁目1番17号神谷町プライムプレイス2階

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。