特定臨床研究

アルコールを飲んだ時の有害物質生成と臓器障害に対する電解水素水の影響についての研究

治験詳細画面

目的


家庭用の水素水機器を使って、アルコールを飲んだ時にできる有害物質やストレスに与える影響を減らせるかどうかを調べる治験を行う。

基本情報


募集ステータス

募集終了

対象疾患

なし

情報なし

参加条件


この治験に参加できるのは、男性で20歳以上65歳未満の方で、週に140グラム以下のアルコールを飲む方です。ただし、過去にアルコールによる健康被害があった方や、肝臓の病気や薬を服用している方、心臓の問題を抱えている方、腎臓の機能が悪い方、癌にかかっている方、急性または亜急性の疾患が疑われる方、熱や喉の痛み、咳、下痢、嘔吐などの症状がある方、水素水を継続的に飲んでいる方、ALDH2遺伝子型が*2/*2(R)[非活性型]の方、焼酎が苦手な方は参加できません。また、試験責任医師や試験担当医師が不適当と判断した方も参加できません。

治験内容


この治験は、介入研究と呼ばれるもので、特定の疾患を対象にしていません。主な評価方法は、血液中のアルコールやアセトアルデヒドの濃度、尿中の8OHdGやイソプロスタンの生成速度、インドキシル硫酸やプテリジンの濃度を測定します。また、AST、ALT、LDH、γ-GTPなどの血液検査や問診票による評価も行います。治験の目的は、これらの評価方法を用いて、ある物質が人体に与える影響を調べることです。

利用する医薬品等


一般名称

飲用アルカリ性電解水

販売名

未定

組織情報


実施責任組織

東海大学医学部付属病院

東京都渋谷区代々木1-2-5

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。