特定臨床研究

早期胃がんの検査に内視鏡と蛍光染料を使った方法の治験

治験詳細画面

目的


この治験は、消化管の病気を手術で治療する際に、特殊な染料を使って病変の位置を正確に把握し、適切な手術を行うことができるかどうかを調べるものです。

対象疾患


早期胃癌
胃癌

参加条件


募集中

参加条件は以下の通りです。 対象年齢:20歳以上で上限はありません。男性でも女性でも参加できます。 選択基準: 1. 胃がんや食道胃接合部がんと診断された患者。 2. 上部消化管内視鏡検査や上腹部造影CT検査で、治癒切除可能なT1ステージの胃がんと診断された患者。 3. 治験に参加する前に、患者本人が同意文書に署名し、日付を記入している患者。 除外基準: 1. ICGやヨードにアレルギーがある患者。 2. 試験を安全に実施できないと判断された患者。

治験内容


この治験は、早期胃癌や食道胃接合部癌を対象として行われています。治験のタイプは介入研究で、フェーズ2の段階に進んでいます。主な結果評価方法は、切除前に決めた断端までの距離と実際の切除標本における断端確保距離との差を調べることです。また、術中ICG検出割合や手術時間、術後病理組織検査結果なども評価されます。治験の目的は、手術時のICG検出技術を用いて、がんの切除範囲をより正確に決定することにあります。

治験フェーズ

フェーズ2: 少数の軽度な患者さんが対象

利用する医薬品等

一般名称

インドシアニングリーン注射液

販売名

ジアグノグリーン注射液

実施組織


名古屋大学医学部附属病院

愛知県名古屋市昭和区鶴舞町65

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。