特定臨床研究

心房細動治療における新しい治療法の効果を比較する試験(ARCHERY試験)

治験詳細画面

目的


「ARCHERY試験」という治験は、心房細動の再発患者に対して、Fractionation mapとVoltage mapという2つの方法でアブレーションの有効性を比較するものです。具体的には、STDEとLVZという指標を使って評価を行います。

対象疾患


持続性心房細動
心房細動

参加条件


募集中

男性・女性

18歳以上

上限なし

選択基準

18歳以上の方
本研究への参加について、本人による同意書への署名により同意が取得できた方
初回の肺静脈隔離術後の再発性持続性AFに対し2回目のカテーテルアブレーションを受ける方

除外基準

EPS実施時にAFが停止している方
EPS時にSTDEが確認されなかった方
EPS時に肺静脈(PV)再伝導が確認された方
高度の左房拡大(術前のCT解析で左房容積200ml以上)を有する方
高度な左室収縮能低下がある(LVEF <40%)方
症候性の心不全を合併している(NYHA III度以上)方
EPS実施時にAFが停止している方
EPS時にSTDEが確認されなかった方
EPS時に肺静脈(PV)再伝導が確認された方
高度の左房拡大(術前のCT解析で左房容積200ml以上)を有する方
高度な左室収縮能低下がある(LVEF <40%)方
症候性の心不全を合併している(NYHA III度以上)方

治験内容


この治験は、再発性持続性心房細動という病気を対象にしています。治験のタイプは介入研究で、フェーズ2になります。治験の主な目的は、カテーテルアブレーションという治療法が効果的かどうかを調べることです。治験の結果は、AF burden(心房細動の持続時間の割合)や再発の有無など、様々な評価方法で測定されます。また、治療介入(抗不整脈薬、カルディオバージョン、再カテーテルアブレーション)の効果も調べられます。治験の結果は、再発性持続性心房細動の治療に役立つことが期待されています。

治験フェーズ

フェーズ2: 少数の軽度な患者さんが対象

利用する医薬品等

利用する薬品情報はありません

実施組織


浜松医科大学

静岡県浜松市中央区半田山1-20-1

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。