特定臨床研究

肺高血圧症合併僧帽弁閉鎖不全症患者の治療におけるNO吸入の効果についての研究

治験詳細画面

目的


治験の目的は、新しい治療法や医療製品の効果や安全性を評価することです。治験は患者の健康と安全を守りながら、治療法や製品の有効性を確認するために行われます。また、治験を通じて得られたデータは、将来の医療の発展や患者の治療法の選択肢を拡大するために活用されます。

対象疾患


僧帽弁閉鎖不全症
肺高血圧症
高血圧症
高血圧

参加条件


募集中

男性・女性

18歳以上

上限なし

選択基準

年齢が18歳以上の方であること。
本試験への参加について、ご自身で文書による同意ができる方。
MRに対してTMVr施行が予定されている方。
術前の右心カテーテル検査にて肺高血圧を認める(肺動脈平均圧 > 20mmHg)方。

除外基準

NO(一酸化窒素)に対して禁忌の方(生命維持のために右-左シャントに完全に依存している心疾患を持つ方)。
僧帽弁閉鎖不全症以外の弁膜症に対する治療が予定されている方。
対象疾患に対して既に肺血管拡張薬が投与されている方。
以下の併用注意薬の継続投与が必要な方:ニトロプルシドナトリウム、ニトログリセリン、スルフォンアミド。
重症心不全のために循環補助装置を使用中である方。
カテコラミンを使用中である方。
その他の安全性に関する理由により、研究責任医師又は研究分担医師が本試験への参加を不適当と判断した方。
NO(一酸化窒素)に対して禁忌の方(生命維持のために右-左シャントに完全に依存している心疾患を持つ方)。
僧帽弁閉鎖不全症以外の弁膜症に対する治療が予定されている方。
対象疾患に対して既に肺血管拡張薬が投与されている方。
以下の併用注意薬の継続投与が必要な方:ニトロプルシドナトリウム、ニトログリセリン、スルフォンアミド。
重症心不全のために循環補助装置を使用中である方。
カテコラミンを使用中である方。
その他の安全性に関する理由により、研究責任医師又は研究分担医師が本試験への参加を不適当と判断した方。

治験内容


この治験は、肺高血圧症を合併した僧帽弁閉鎖不全症という疾患に焦点を当てて行われています。治験のタイプは介入研究で、フェーズ4という段階に進んでいます。治験の主な目的は、肺血管抵抗の変化量を評価することです。また、心係数や平均肺動脈圧などの指標も評価されます。治験の結果は、手術後の合併症についても調査される予定です。治験の結果は、この疾患の治療方法や患者の生活の質を向上させるために役立つ情報を提供することが期待されています。

治験フェーズ

フェーズ4: 市販薬の再調査

利用する医薬品等

一般名称

一酸化窒素

販売名

アイノフロー吸入用800ppm

実施組織


京都府立医科大学附属病院

京都府京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465 番地

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。