特定臨床研究

がん治療で口内炎が起こる患者に対する新しい口内炎予防材料の効果と安全性を調べる研究

治験詳細画面

目的


この治験は、新しい口腔粘膜保護材がどの程度有効で安全かを調べるための研究です。

対象疾患


口腔粘膜炎

参加条件


募集中

この治験に参加できる人は、18歳以上で男性でも女性でもOKです。ただし、がん治療で口の中が炎症を起こしている人で、その炎症の程度が2か3の場合に限ります。また、治療を始めたばかりの人や治療が終わった人も参加できますが、治療の間に休薬期間がある場合は参加できません。食事を普通に食べられる人で、アレルギーや妊娠中でない人が対象です。ただし、歯の治療を予定している人や、医師の指示に従わない人、その他の理由で医師が不適当と判断した場合は参加できません。

治験内容


この治験は、口の中の炎症を治す薬の研究です。治験の段階はフェーズ2で、治験に参加する人たちは口腔粘膜炎という病気を持っています。治験の目的は、治療法の効果を調べることです。治験の結果を評価するために、患者さんの症状やQOL(生活の質)を調べます。また、治療法の安全性も調べます。治験に参加する人たちは、頓用消炎鎮痛薬という薬も服用します。治験の結果は、新しい治療法の開発に役立ちます。

治験フェーズ

フェーズ2: 少数の軽度な患者さんが対象

利用する医薬品等

利用する薬品情報はありません

実施組織


岡山大学病院

岡山県岡山市北区鹿田町2-5-1

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。