その他

アルツハイマー病の原因と睡眠中の記憶強化の関係についての治験

治験詳細画面

目的


この治験の目的は、アルツハイマー型認知症の原因と睡眠中の記憶定着・増強プロセスの関係を調べることです。

基本情報


募集ステータス

募集中

対象疾患

アルツハイマー型認知症
認知症

情報なし

参加条件


この治験に参加できる人は、60歳以上80歳以下の男性または女性です。健康な人やアルツハイマー病や軽度認知障害の人が参加できます。参加する前に、MRIやPET検査、睡眠検査を受ける必要があります。また、治験の内容を理解し、自分自身で参加する意思を持っていることが必要です。ただし、特定の神経変性疾患や状態、重篤な全身疾患、精神病歴、介護施設や病院に入院している場合など、いくつかの条件を満たさない場合は参加できません。

治験内容


この治験は、アルツハイマー型認知症の治療について研究するものです。治験のタイプは介入研究で、睡眠依存性改善率を評価することが主な目的です。また、陳述記憶課題スコアや手続き記憶課題スコアなどの認知機能に関する評価も行います。さらに、睡眠自己評価やPSG睡眠変数、MRI脳構造画像、PET画像、APOE遺伝子ε4アレルの有無など、様々な変数についても評価します。これらの評価結果をもとに、アルツハイマー型認知症の治療について新しい知見を得ることを目指しています。

利用する医薬品等


利用する薬品情報はありません

組織情報


実施責任組織

国立精神・神経医療研究センター

東京都小平市小川東町4-1-1

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。