観察研究

アルツハイマー病以外のタンパク質異常による脳PET画像の研究

治験詳細画面

目的


この治験の目的は、非アルツハイマー型タウオパチーという病気の研究を行うことであり、そのためにタウPETという検査を使用することが予定されています。

対象疾患


進行性核上性麻痺
軽度認知障害

参加条件


募集中

男性・女性

50歳以上

上限なし

選択基準

同意取得時において年齢が50歳以上の方。性別を問わず
週に1回以上、参加者と連絡を取ることができるスタディパートナーがいる方
研究内容を理解し、書面による同意が得られる方
同意取得時50歳以上。性別を問わない
認知機能が正常な方(MMSE 28点以上)
当院に通院中もしくは研究参加歴があり、PSP、CBS、非アルツハイマー型MCIのいずれかに該当する方
NCNPのバイオバンクに血液ないしは髄液の検体がある方、あるいは検体採取予定の方
包括的CDRで0.5、過去の研究等でアミロイドPETが陰性である場合
包括的CDRが0
MRI、アミロイドPET、タウPETの全ての検査を受けることに同意している方

除外基準

多発性脳梗塞、正常圧水頭症、脳腫瘍、てんかん、硬膜下血腫、多発性硬化症、後遺症や脳構造異常を残した頭部外傷等に罹患している方
MRIで感染症、認知機能に影響を与える局所病変がある方。ただし、無症候性の深部小梗塞や軽度の白質変化の方は除く
ペースメーカー、動脈瘤クリップ、人工内耳その他の磁性体・電気伝導性の金属が入っている、または閉所恐怖症のためMRI撮像に問題がある方
チオフラビン誘導体に過敏症がある方
過去3ヶ月以内にプロトコル遵守が困難となるような精神症状や興奮性、行動異常を認めた方
その他、研究責任医師・分担医師により不適格と判断される場合
多発性脳梗塞、正常圧水頭症、脳腫瘍、てんかん、硬膜下血腫、多発性硬化症、後遺症や脳構造異常を残した頭部外傷等に罹患している方
MRIで感染症、認知機能に影響を与える局所病変がある方。ただし、無症候性の深部小梗塞や軽度の白質変化の方は除く
ペースメーカー、動脈瘤クリップ、人工内耳その他の磁性体・電気伝導性の金属が入っている、または閉所恐怖症のためMRI撮像に問題がある方
チオフラビン誘導体に過敏症がある方
過去3ヶ月以内にプロトコル遵守が困難となるような精神症状や興奮性、行動異常を認めた方
その他、研究責任医師・分担医師により不適格と判断される場合

治験内容


この治験は、進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症候群、軽度認知障害という病気について調べるものです。研究のタイプは観察研究で、主要な評価方法は、各症例の脳内タウタンパクの蓄積の有無と空間的分布を調べます。また、脳内タウタンパクの局所蓄積量と診断、臨床類型、臨床症状、神経心理との関連、血液・髄液バイオマーカー(総タウ、リン酸化タウ等)、マルチオミックス解析との関連も調べます。これらの調査結果から、病気の進行や治療法の開発につながる情報を得ることが目的です。

治験フェーズ

情報なし:

利用する医薬品等

一般名称

[11C]PiB、[18F]florzolotau

販売名

[11C]PiB、[18F]florzolotau

実施組織


国立精神・神経医療研究センター

東京都小平市小川東町4−1−1

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。