非特定臨床研究

羞明のある網膜色素変性患者に対する遮光眼鏡の設計に関する基礎理論の確認(探索的試験)

治験詳細画面

目的


この治験の目的は、遮光眼鏡の設計に関する基礎理論を確認することです。具体的には、客観的で定量的な遮光眼鏡設計システムを開発するために、実験を行います。

対象疾患


網膜色素変性

参加条件


募集中

この治験に参加できる人は、20歳以上80歳以下の男性・女性です。治験に参加するためには、網膜色素変性患者で、小数視力が0.1以上で、遮光眼鏡を使用した経験がある必要があります。ただし、硝子体黄斑牽引症候群、黄斑浮腫、糖尿病網膜症、外眼部の炎症や感染症、重度のドライアイ、網膜中心動脈閉塞症、後部虚血性視神経症、視神経疾患の既往、中等度以上の核白内障、前嚢下及び後嚢下白内障、後発白内障を伴う黄斑病変を持つ人、または試験医師が不適当と判断した人は参加できません。

治験内容


この治験は、網膜色素変性という病気について調べるものです。治験のタイプは介入研究で、フェーズ1という段階で行われます。治験の主要な結果評価方法は、Pelli-Robsonチャートによるコントラスト感度です。また、矯正logMAR視力、ellipsoidzone長、Humphrey静的視野検査10−2プログラムの中心4点平均網膜感度、Mean Deviation値、コントラスト視力、17-item Utah Photophobia Symptom Impact Scale(UPSIS-17)などの評価方法もあります。これらの評価方法を使って、羞明の程度や視力の改善などを調べます。

治験フェーズ

フェーズ1: 健康な成人が対象

利用する医薬品等

利用する薬品情報はありません

実施組織


千葉大学医学部附属病院

千葉県千葉市中央区亥鼻1-8-1

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。


運営会社

利用規約

プライバシーポリシー

お問い合わせ