観察研究

超高解像度眼底画像撮影機器を使った網膜画像解析の研究

治験詳細画面

目的


治験の目的は、補償光学搭載による超高解像度眼底画像撮影機器を使って網膜画像を解析することです。

対象疾患


網膜色素変性
緑内障

参加条件


募集中

20歳以上

上限なし

選択基準

当院眼科を受診した方
20歳以上の方
本研究参加の同意を得た方
網膜脈絡膜疾患患者
網膜色素変性症患者
緑内障患者
ぶどう膜炎患者
iPS細胞由来網膜細胞移植予定患者
iPS細胞由来網膜細胞移植後患者
正常眼を撮影するために健常ボランティア

除外基準

研究責任者が研究対象者として不適当と判断した方
AO眼底イメージング装置の禁忌・禁止に該当する以下の方:光過敏症の既往歴がある方、光線力学的治療(PDT)を最近受けた方(禁止期間については、投与した感光性物質の添付文書を参照)、光過敏症の副作用を起こすおそれのある医薬品を服用している方
研究責任者が研究対象者として不適当と判断した方
AO眼底イメージング装置の禁忌・禁止に該当する以下の方:光過敏症の既往歴がある方、光線力学的治療(PDT)を最近受けた方(禁止期間については、投与した感光性物質の添付文書を参照)、光過敏症の副作用を起こすおそれのある医薬品を服用している方

治験内容


この治験は、観察研究のフェーズ0で行われています。対象となる疾患は網膜脈絡膜疾患、網膜色素変性症、緑内障、ぶどう膜炎、iPS細胞由来網膜細胞移植予定患者、iPS細胞由来網膜細胞移植後患者です。治験の主な目的は、m2OCTとTFI-rtx1を使用して視細胞や網膜色素上皮細胞の形態を観察し、定量評価することです。また、rtx1とTFI-rtx1の撮影像を比較することも行われます。

治験フェーズ

情報なし:

利用する医薬品等

利用する薬品情報はありません

実施組織


地方独立行政法人神戸市民病院機構神戸市立神戸アイセンター病院

兵庫県神戸市中央区港島南町2-1-8

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。