骨粗鬆症治療によるロコモティブシンドロームの予防効果の観察研究

目的

薬物療法および運動療法の骨粗鬆症治療がどの程度ロコモティブシンドロームに対して影響があり,どの程度予防効果を有するかは明らかにすること

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

原発性骨粗鬆症


治験フェーズ

情報なし

参加条件

性別

女性


年齢

下限なし上限なし


選択基準

1. 閉経後骨粗鬆症

2. ビスホスホネートを投与し、運動(ロコトレ)のパンフレットを渡した患者

3. 研究内容を理解し、文書による同意が得られている


除外基準

1. ロモソズマブ、デノスマブ、テリパラチド、もしくはビスホスホネートの使用歴のある患者

2. 低カルシウム血症

3. 研究担当者が本研究の対象として不適当と判断した患者

治験内容

研究のタイプ

観察研究観察研究


主要結果評価方法

ロコモ25スコアの変化と骨密度の変化の関連


第二結果評価方法

1. ロコモ25スコアの変化と各因子(年齢,BMI,平均歩行数,握力,変形性関節症、腰痛の有無、膝痛の有無,ロコトレを実践できたかどうか、TRACP-5b、P1NP)の関連

2. (対象:ベースラインがロコモではない患者)

1年間の経過でロコモになったかどうかと各因子の関連

利用する医薬品等

一般名称

販売名

組織情報

実施責任組織

そぶえ整形外科


住所

愛知県弥富市中山町北脇687-1