非特定臨床研究

関節リウマチ患者におけるJAK阻害薬の効果と安全性についての研究

治験詳細画面

目的


JAK阻害薬が関節リウマチと間質性肺疾患を持つ患者にどれだけ効果的で安全かを調査するための治験を行います。

対象疾患


関節リウマチ

参加条件


募集中

男性・女性

18歳以上

上限なし

選択基準

18歳以上の方
本研究への参加にあたり十分な説明を受けた後、十分な理解の上、ご自身の自由意思による文書同意が得られた方
2010年 ACR/ EULARによって関節リウマチ(RA)と診断された方
2013年ATS/ERSによる特発性間質性肺炎(ILD)の指針に基づいてILDと診断された方
過去の治療において、MTXをはじめとする少なくとも1剤の抗リウマチ薬などによる適切な治療を行っても疾患に起因する明らかな症状が残る方
研究責任(又は分担)医師によってJAK阻害薬が初めて投与される方

除外基準

免疫抑制剤が中止できない方
研究責任医師、研究分担医師が本研究の参加について適切でないと判断した方
免疫抑制剤が中止できない方
研究責任医師、研究分担医師が本研究の参加について適切でないと判断した方

治験内容


この治験は、関節リウマチという病気に対する新しい薬の効果を調べる研究です。研究のタイプは介入研究で、主な評価方法はJAK阻害薬が関節リウマチと間質性肺疾患(RA-ILD)に対してどれだけ効果的かを調べることです。具体的には、RA-ILDの画像スコアの変化を評価します。 また、第二の評価方法として、呼吸機能や呼吸に関する症状の変化、呼吸器関連のイベント(感染症やILDの悪化)、薬の継続率、ステロイドの使用量、疾患の活動性、日常生活機能なども評価されます。これらの評価を通じて、新しい薬が患者の症状や生活にどのような影響を与えるかを調べることが目的です。

治験フェーズ

情報なし:

利用する医薬品等

一般名称

トファシチニブクエン酸塩、バリシチニブ、ペフィシチニブ臭化水素酸塩、ウパダシチニブ水和物、フィルゴチニブマレイン酸塩

販売名

ゼルヤンツ錠5mg、オルミエント錠4mg、オルミエント錠2mg、スマイラフ錠 50mg、スマイラフ錠 100mg、リンヴォック錠30mg、リンヴォック錠15mg、リンヴォック錠7.5mg、ジセレカ錠200mg、ジセレカ錠100mg

実施組織


独立行政法人国立病院機構 大阪南医療センター

大阪府河内長野市木戸東町2-1

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。