非特定臨床研究

心臓の治療における新しい手術法の有用性を検証する試験(Ext-LINE試験)

治験詳細画面

目的


「Ext-LINE試験」という治験は、ExTRaマッピングガイドアブレーションと解剖学的な線状焼灼術の有用性を検討するための無作為化試験です。

対象疾患


心房細動

参加条件


募集中

男性・女性

21歳以上

90歳以下

選択基準

少なくとも1年のフォローアップが可能な方
インフォームドコンセントの得られた方
持続性AFに対して初回のアブレーションを行う方

除外基準

肺静脈隔離術のみで心房細動が停止した方
心房細動根治術(MAZE手術等)の既往のある方
肺静脈隔離術のみで心房細動が停止した方
心房細動根治術(MAZE手術等)の既往のある方

治験内容


この治験は、心房細動という病気を対象にしています。治験のタイプは介入研究で、フェーズ4という段階にあります。主な目的は、90日後以降に再発する心房性頻脈性不整脈を評価することです。また、手術後の心機能や手技の詳細、手術中の心房細動停止率、合併症の発生率、複数回手技後の再発性心房性頻脈性不整脈なども評価します。治験に参加することで、新しい治療法の効果や安全性を調べることができます。

治験フェーズ

フェーズ4: 市販薬の再調査

利用する医薬品等

利用する薬品情報はありません

実施組織


京都大学医学部附属病院

京都府京都府 京都市左京区聖護院川原町54

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。