観察研究

早期胃がんの深さ診断を支援するプログラムの性能評価試験

治験詳細画面

目的


この治験は、内視鏡画像を使って早期胃癌の診断を支援するプログラムの性能を検証するもので、主要評価項目は粘膜内胃癌の感度です。

基本情報


募集ステータス

研究終了

対象疾患

早期胃癌
胃癌

情報なし

参加条件


この治験に参加するための条件は、20歳以上で男性でも女性でも参加できます。ただし、以下の条件を満たす必要があります。まず、内視鏡で胃の画像を撮影した時に20歳以上であること。また、早期の胃がんの組織を提供できること。さらに、内視鏡で撮影した画像が、特定の条件を満たしていることが必要です。ただし、以下の条件に該当する場合は参加できません。例えば、胃がんの腫瘍が写っていない画像や、手術後の画像、異物が写っている画像、または病気の治療を受けたことがある人などが該当します。また、参加を拒否する申し出があった場合も参加できません。

治験内容


この治験は、早期胃癌を対象にした観察研究です。主な目的は、治療プログラムによって判定された粘膜内胃癌(M癌)の感度を評価することです。また、第二の目的として、治療プログラムによって判定されたM癌の特異度や正診率も評価します。つまり、この治験は、早期胃癌の治療方法の有効性を調べるための研究です。

利用する医薬品等


利用する薬品情報はありません

組織情報


実施責任組織

岡山大学病院

岡山県岡山市北区鹿田町2-5-1

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。