中間又は高リスクの原発性又は二次性骨髄線維症患者を対象としたTP-3654の第1相試験 −TP-3654を経口投与した時の安全性、薬物動態、及び薬力学を検討する、非盲検、用量漸増試験−

治験

目的

中間-2又は高リスクの原発性又は二次性骨髄線維症患者を対象にTP-3654を経口投与した時の安全性、薬物動態、及び薬力学を評価する

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

フェーズ1

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上上限なし


選択基準

1) WHOの診断基準により原発性骨髄線維症(PMF)又はpost-PV-MF/post-ET-MF、及びDynamic国際的予後分類(DIPSS)に基づき中間又は高リスクの原発性又は二次性MFの病理診断が確定している患者

2) JAK阻害薬による治療歴があり、JAK阻害薬に対し不耐容、抵抗性、難治性又は効果不十分であるか、治験責任医師等の判断でルキソリチニブ又はfedratinibの治療に不適格である患者

3) スクリーニング前12週間以内の骨髄生検でGrade 2以上の骨髄線維化が確認された患者

4) 以下の臨床検査パラメータを満たしている患者

a. 血小板数が増殖因子の補助又は血小板輸血なしで25 X 10^9/L以上

b. 好中球絶対数(ANC)が顆粒球増殖因子による補助なしで1 X 10^9/L以上

c. 末梢血芽球数が10%未満の患者

5) Eastern Cooperative Oncology Group (ECOG) Performance Statusが2以下の患者

6) 3ヵ月以上の余命が期待できる患者

7) 臨床検査時に適切な腎機能[血清血清血清クレアチニンクレアチニンクレアチニンが基準値上限(ULN)の1.5倍以下、クレアチニンクリアランス算出値が30 mL/min以上]を有している患者(Cockcroft-Gaultの式を用いる)

8) 適切な肝機能[ALT/ASTがULNの3倍以下、総ビリルビンがULNの1.5倍以下;又はALT/ASTがULNの5倍以下、直接ビリルビンがULNの2倍以下(骨髄線維症による場合)];及び適切な凝固能[(PT及びPTT)ULNの1.5倍以下]を有している患者

9) 治験期間中(ベースライン時又は登録前12週間以内、及び投与期間中6ヵ月ごと)に骨髄生検を実施することに同意する患者

10) スクリーニング期に、触診で左肋骨縁の下5 cm以上の脾臓長、あるいは磁気共鳴画像法(MRI)又はコンピューター断層撮影法(CT)スキャンで450 cm3以上の脾臓容積によって示される脾腫を有する患者

11) MF-SAF v4.0を用いて測定可能な症状(スコアが1以上)が少なくとも2つ認められる患者


除外基準

1) 治験薬の初回投与前14日間又は半減期の5倍のいずれか長い方の期間内に、全身抗腫瘍療法(非抱合型治療抗体、毒素免疫複合体、ESA及びαインターフェロンを含む)又は実験的療法による治療歴がある患者

2) いずれかの治験薬の初回投与前2週間以内に大手術を受けた患者

3) スクリーニング前6ヵ月以内の脾臓照射又は脾臓摘出の既往歴がある患者。

4) AML、MDS又は末梢血中の芽球が10%以上の患者

5) 自家又は同種幹細胞移植歴がある患者(時期は問わない)

6) 登録後3カ月以内に同種骨髄移植又は幹細胞移植の対象となる患者

7) NCI CTCAE Grade 2以上の電解質異常を来たしている患者。ただし、スクリーニング中に補正され、治験責任医師等が臨床的に重大でないと判断した場合を除く

8) Cycle 1/Day 1の前6ヵ月以内のうっ血性心不全、心筋梗塞の既往歴;Cycle 1/Day 1の前14日以内に心エコー又はMUGAで左室駆出率が45%未満、不安定不整脈、又は心電図(ECG)での虚血のエビデンスを有する患者

9) 補正QT間隔(Fridericiaの補正式を使用)が450 msec超の男性患者又は470 msec超の女性患者

10) 中枢神経系(CNS)のがん又は転移、髄膜癌腫症、悪性けいれん、神経障害を引き起こす又は徴候を示す疾患(不安定な脊椎転移など)を有する患者

11) 過去3年以内にその他の浸潤性悪性腫瘍がある患者(非黒色腫皮膚癌、治癒した限局性前立腺癌及び子宮頸癌を除く)

12) 門脈圧亢進症又はその合併症の既往を有する患者

13) 14日以内に抗菌薬の全身投与を必要とする活動性でコントロール不良の細菌、ウイルス又は真菌感染症を有する患者

14) 既知の出血性素因又は治験責任医師等の判断で十分に調査されている良性の病因の自己限定的原因以外のコントロール不良の活動性出血の徴候(血尿、消化管出血)が認められる患者

15) 1日81 mgを超えるアスピリン、未分画ヘパリン、低分子量ヘパリン(LMWH)、直接アンチトロンビン阻害薬、又はビタミンK拮抗薬(ワルファリンなど)による抗凝固療法を必要としている患者

16) 低酸素血症を伴う重度の慢性閉塞性肺疾患(室内気吸入時の安静時酸素飽和度が90%未満と定義)を有する患者

17) 吸収を損なう可能性がある、又は吸収不良による下痢を伴う短腸症候群に至る可能性がある医学的状態又は消化管に対する重大な手術歴を有する患者

18) 初回投与前24時間以内にヒドロキシウレア又はアナグレリドを使用した患者

19) 治験薬の初回投与前7日以内にステロイドの全身投与療法(10 mg/日超のプレドニゾン又は等価物)を受けた患者(注:局所、吸入、経鼻及び点眼ステロイドは禁止しない)

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

TP-3654の用量漸増を行ったときの用量制限毒性(DLT)発現率を評価する

試験治療下で発現した有害事象の発現率を評価する


第二結果評価方法

利用する医薬品等

一般名称

TP-3654


販売名

なし