成人の筋萎縮性側索硬化症患者における SAR443820 の有効性及び安全性を評価する多施設共同、ランダム化、二重盲検、プラセボ対照、第 II 相試験並びに非盲検継続投与試験

治験

目的

本治験は、18~80歳の男性及び女性 ALS患者を対象に、プラセボと比較したSAR443820 1日 2回(BID)経口投与の有効性、安全性、忍容性、PK 及び PD を評価する並行群間、ランダム化二重盲検盲検盲検、第 II 相試験であり、その後に非盲検長期継続投与期間が続く。以下の2つのパート(パート A及び B)で構成される。

パート Aは、24週間の二重盲検盲検盲検プラセボ対照パートであり、Day 1 の前に最長4週間のスクリーニング期間を設ける。詳細は、7-(5)その他2 参照。

パート Bはパート Aの終了時(Week 24)から開始し、最長 Week 106まで継続する。詳細は、7-(5)その他3 参照。

基本情報

募集ステータス
募集中


フェーズ2

参加条件

性別

男性・女性


年齢

18歳 以上80歳 以下


選択基準

- 世界神経学連合の改訂 El Escorial 基準に基づき、possible ALS、clinically probable ALS、clinically probable laboratory-supported ALS、又は clinically definite ALS と診断されている

- 症状の初回発現から2年以下

- 肺活量(SVC)が予測値の60%以上

- スクリーニング来院の時点で治験薬錠剤を飲み込むことができる

- リルゾール投与を現在受けていない、又はスクリーニング来院前の少なくとも 4週間に一定用量のリルゾール投与を受けている。リルゾール投与を受けている被験者は、本治験期間を通じて同一用量での投与を継続することが期待されている

- エダラボン投与を現在受けていない、又は承認された標準的なスケジュールのエダラボン投与を受けている。エダラボン投与を受けている被験者は、スクリーニング来院前に 1サイクル以上のエダラボン投与を完了していなければならず、本治験期間を通じてエダラボン投与を継続することが期待されている

- 体重が 45 kg以上、BMIが 18.0 kg/m^2以上である被験者

- 女性被験者は、妊娠中又は授乳中ではなく、治験薬投与期間中 及び治験薬の最終投与後少なくとも32日間、適切な避妊方法に同意する場合に参加に適格である

- 男性被験者は、治験薬投与期間中 及び治験薬の最終投与後少なくとも92日間、極めて効果的な避妊方法、及び精子を提供しないことに同意しなければならない。


除外基準

- 痙攣発作又はてんかんの既往歴がある(小児期の熱性発作の既往歴は許容される)

- 末梢挿入型中心静脈カテーテル(PICC)、ミッドラインカテーテル、又は Port-a-Cathラインなどの中心静脈カテーテルを留置している

- 著しい認知障害、精神疾患、その他の神経変性障害(パーキンソン病又は ADなど)、薬物乱用、又は治験責任(分担)医師の判断で本治験参加に不適格となる、若しくは本治験の評価又は治験完了を妨げる可能性のあるその他の状態を有する

- スクリーニング来院前 4週間以内に重篤な感染症(肺炎、敗血症など)の既往歴を有する;スクリーニング前 4週間以内に入院又は抗生物質、抗ウイルス薬若しくは抗真菌薬の静脈内投与を要する感染症の既往歴を有する;又は治験責任(分担)医師が許容できないと判断する慢性細菌感染症(結核など)の既往歴を有する

- スクリーニング来院前 2か月以内における活動性の帯状疱疹感染

- スクリーニング来院前 6か月以内に自殺企図歴が文書に記録がある、自殺念慮がコロンビア自殺重症度評価尺度(C-SSRS)のカテゴリー4 若しくは 5である、又は治験責任(分担)医師による判断で自殺企図のリスクがある

- 不安定な又は重度の心疾患、肺疾患、腫瘍学的疾患、肝疾患、腎疾患、又は ALS 以外に医学的に重要な疾患の既往歴を有し、本治験への安全な参加が妨げられる

- 妊娠中又は現在授乳中である

- SAR443820 の成分に対する既知のアレルギー歴

- スクリーニング来院前の規定のウォッシュアウト期間内に、強力な若しくは中程度の CYP3A4阻害薬又は強力な CYP3A4誘導薬の投与を受けた

- スクリーニング来院前 14日以内に生ワクチンの接種を受けた

- 他の治療薬の臨床試験に同時に参加している、又はスクリーニング来院前 4週間以内又は他の治験薬の 5半減期以内のいずれか長い方の期間に他の治験薬の投与を受けた

- 過去に ALSに対する幹細胞治療又は遺伝子治療を受けた

- アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)又はアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)が基準範囲上限(ULN)の 3倍を超える

- ジルベール症候群の記録がない限り、ビリルビンが ULN の 1.5倍を超える(間接ビリルビンがULN の 1.5倍を超えても、ビリルビン分画で直接ビリルビンが 35%未満である場合は許容される)

- 血清アルブミンが 3.5 g/dL未満

- 推定糸球体濾過量が 60 mL/分/1.73 m^2未満(Modification of Diet in Renal Disease[MDRD」)

治験への参加には、上記以外にも関連する考慮事項がありますことを予めご了承ください。

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

1. パートA: Week 24における改訂筋萎縮性側索硬化症機能評価尺度(ALSFRS-R)合計スコアのベースラインからの変化量[評価期間:ベースラインからWeek 24]

2. パートB: Week 52における身体機能と生存期間の複合評価(CAFS)のスコア[評価期間:Week 52]


第二結果評価方法

1. パートA: Week 24における身体機能と生存期間の複合評価(CAFS)のスコア[評価期間:Week 24]

2. パートA: 肺活量(SVC)のベースラインからの変化量[評価期間:ベースラインからWeek 24]

3. パートA: 筋力[評価期間:24週にわたる]

ハンドヘルドダイナモメータ(HHD)で測定

4. パートA: ALS特異的評価 5項目質問票(ALSAQ-5)のベースラインからの変化量[評価期間:ベースラインからWeek 24]

5. パートA: 血清中ニューロフィラメント L鎖(NfL)のベースラインからの変化量[評価期間:ベースラインからWeek 24]

6. パートA: 治験薬投与下で発現した有害事象(TEAE)及び 重篤な有害事象(SAE)を発現した被験者数[評価期間:Week 24まで]

7. パートA: SAR443820の薬物動態(PK)パラメータの評価、 SAR443820の血漿中濃度[評価期間:Day 1、Week 2、Week 8]

8. パートB: CAFSのスコア[評価期間:Week 76、Week 104]

9. パートB: ALSFRS-R合計スコアのベースラインからの変化量[評価期間:ベースラインからWeek 52、Week 76及びWeek 104]

10. パートB: ベースラインから死亡又は恒久的補助換気の実施(1日 22時間超で連続7日超)のいずれか早い方までの期間[評価期間:ベースラインからWeek 52、Week 76及びWeek 104まで]

11. パートB: ベースラインから死亡までの期間[評価期間:ベースラインからWeek 52、Week 76及びWeek 104]

12. パートB: SVCのベースラインからの変化量[評価期間:ベースラインからWeek 52、Week 76及びWeek 104]

13. パートB: ALSAQ-5のベースラインからの変化量[評価期間:ベースラインからWeek 52、Week 76及びWeek 104]

14. パートB: 血清中 NfLのベースラインからの変化量[評価期間:Week 52]

15. パートB: TEAE 及び SAEを発現した被験者数[評価期間:Week 106まで]

16. パートB: SAR443820の薬物動態(PK)パラメータの評価、 SAR443820の血漿中濃度[評価期間:Week 28]

利用する医薬品等

一般名称

SAR443820、プラセボ


販売名

なし、なし