進行直腸癌に対する術前化学放射線療法及び強化化学療法あるいは導入・強化化学療法併用後の待機療法に関する多施設ランダム化第II相試験

目的

腫瘍の下縁が肛門縁(AV)から5cm以内または術前評価にて経肛門吻合・直腸切断術が必要と判断される臨床病期Ⅱ/Ⅲ(cT3-4Nany)進行直腸癌患者を対象に、「CRT+強化化学療法+手術またはcCR/near-cCRに対する待機療法」および「CRT+導入・強化化学療法併用+手術またはcCR/near-cCRに対する待機療法」をランダム化選択デザインにて比較し、有効性と安全性を評価する。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

直腸がん


治験フェーズ

フェーズ2

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上上限なし


選択基準

1) 直腸原発巣からの内視鏡生検にて、組織学的に腺癌と診断されている。

2) 腫瘍の下縁が肛門縁(AV)から5 cm以内または術前評価にて経肛門吻合・直腸切断術が必要と

判断される。

3) 単純MRI、造影CTを用いた術前診断にてcStage II(cT3-4N0)あるいはcStage III(cT3-4N1-3)と診断される。

4) ECOG Performance Status が0または1である。

5) 登録日の年齢が20歳以上である。

6) 登録前28日以内の検査値が、以下のすべてを満たす。

① 好中球数≥ 1,500 /mm3

② 血小板数≥ 10×104 /mm3

③ ヘモグロビン≥ 9.0 g/dL

④ 総ビリルビン≤ 2.0 mg/dL

⑤ AST、ALT≤ 100 IU/L

⑥ 血清クレアチニン≤ 1.5 mg/dL かCcr≥ 60 mL/min/body

⑦ 尿蛋白/クレアチニン<1

7) 閉塞または強い狭窄を伴わない(腫瘍狭窄部を下部消化管ファイバースコピーが通過可能である)。ただし、閉塞または強い狭窄を伴っていても、原発巣切除に先立って人工肛門造設することにより、腸閉塞が回避されている場合は適格とする。

8) 本内容について十分な説明を受け、本人の文書による同意が得られている。


除外基準

1) 活動性の重複がんを有する(同時性重複がん/多発がんおよび無病期間が5年以内の異時性重複がん/多発がん。ただし無病期間が5年未満であっても、5年相対生存率が95%以上相当のがんの既往は活動性の重複がん/多発がんに含めない)。

2) 骨盤内への放射線治療の既往を有する。

3) カペシタビン、オキサリプラチン、ベバシズマブの投与歴を有する。もしくは、いずれかが投与禁忌となる。

4) 全身的治療を要する感染症を有する。

5) 登録時に38.0℃以上の発熱を有する。

6) 妊娠中、妊娠中の可能性がある、または授乳中の女性患者。

7) 精神病または精神症状を合併しており、試験への参加が困難と判断される。

8) 重篤な併存疾患(心不全、間質性肺炎または肺線維症、コントロール困難な糖尿病、腎不全、肝不全、高血圧、血栓症、消化管瘻孔など)を有する。

9) 4週間以内の手術既往を有する。ただし、人工肛門など小手術は2週間以内の既往を有する。

10) 直腸原発巣からの内視鏡生検の免疫染色にてミスマッチ修復蛋白(MLH1、MSH2、MSH6、PMS2)の一つ以上の発現消失を認める。あるいはMSI検査でMSI-Hである。

11) その他、担当医が本試験への登録が不適であると判断する。

治験内容

研究のタイプ

特定臨床研究介入研究


主要結果評価方法

pCR+2年以上cCRを維持した症例の割合


第二結果評価方法

cCR割合、near-cCR割合、待機療法割合、全生存期間、無遠隔転移生存期間、局所無増悪生存期間、

疾患関連治療不成功までの期間、TME回避期間、永久人工肛門回避期間、

有害事象発生割合、プロトコール治療完遂割合、排便機能(LARSスコア、Wexnerスコア)、QOL(EORTC C30、CR29)、

手術例-術後合併症発生割合、R0切除割合、病理学的ステージ、Dworak tumor regression grade

待機療法例-局所再増大割合、局所再増大までの期間、局所再増大例における救済手術割合、救済手術例における術後合併症発生割合、救済手術例におけるR0切除割合

利用する医薬品等

一般名称

カペシタビン錠、オキサリプラチン点滴静注液、ベバシズマブ(遺伝子組換え)注


販売名

ゼローダ錠300、カペシタビン錠300mg「サワイ」、カペシタビン錠300mg「トーワ」等、エルプラット点滴静注液50mg、エルプラット点滴静注液100mg、エルプラット点滴静注液200mg等、アバスチン点滴静注用100mg/4mL,アバスチン点滴静注用400mg/16mL等

組織情報

実施責任組織

公益財団法人 がん研究会有明病院


住所

東京都江東区有明三丁目8番31号