全身麻酔薬プロポフォールおよびレミマゾラムが平均循環充満圧に与える影響:ランダム化比較試験

臨床研究

目的

本研究の目的は、全身麻酔症例を対象とし、レミマゾラムを用いた全身麻酔とプロポフォールを用いた全身麻酔において、麻酔導入前後および麻酔導入30分後の平均循環充満圧の変化を比較評価し、循環抑制作用について比較検証することである。

基本情報

募集ステータス
募集前

対象疾患

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上上限なし


選択基準

① 札幌医科大学附属病院手術室で全身麻酔管理下に待機的手術を予定している

② 開腹下膵頭十二指腸切除術または肝臓切除手術を予定している

③ 全身麻酔管理にあたって、動脈ラインを用いた観血的動脈圧モニタリングを予定している

④ 手術時の年齢が20歳以上の成人

⑤ 術前状態は、ASA-PS(American Society of Anesthesiologists Physical Status)1-2と全身状態の良好であること


除外基準

① プロポフォールまたはレミマゾラムの禁忌に該当する患者さん

② プロポフォール、レミマゾラムまたはミダゾラム、フルマゼニルに対するアレルギーを有する患者さん

③ 鎮痛方法として、硬膜外麻酔、脊髄くも膜下麻酔、神経ブロックなどを併用する場合

④ 薬物代謝に影響を及ぼしうる重度の肝機能障害、腎機能障害を有する患者さん

⑤ その他、本研究責任者および研究分担者が本研究への参加に不適切と判断した患者さん

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

全身麻酔導入前後および全身麻酔導入30分後の平均循環充満圧の変化


第二結果評価方法

・患者背景(年齢,性別,体重,ASA-PS,高血圧を含む基礎疾患、内服降圧剤の有無)

・全身麻酔導入前後および全身麻酔導入30分後の心拍数(HR)の変化

・全身麻酔導入前後および全身麻酔導入30分後の体血圧(NBP)の変化

・経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)

・全身麻酔導入前後および全身麻酔導入30分後の灌流指標(PI)の変化

・全身麻酔導入前後および全身麻酔導入30分後の一回心拍出量係数(esSVI)の変化

・全身麻酔導入前後および全身麻酔導入30分後の心係数(esCCI)

・各測定時点における麻酔深度指標bispectral index(BIS)

・レミマゾラム、プロポフォールの麻酔導入時総投与量

・有害事象発生率:重度の血圧低下、昇圧薬の使用、徐脈、心停止

利用する医薬品等

一般名称

レミマゾラム、プロポフォール


販売名

アネレム静注50mg、1%デイプリバン注