da Vinciサージカルシステムを用いたロボット支援下肝切除の安全性・有効性に関する探索的臨床試験

臨床研究

目的

胆道再建や血行再建を伴う症例を除く、肝細胞癌、胆管細胞癌、転移性肝腫瘍など肝腫瘍に対して、あらかじめ定めた手術手順と開腹移行基準に従ってロボット支援下肝切除を実施し、その安全性と有効性を評価することである。本試験で得られた結果は、当術式の先進医療申請への実績データとする。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上80歳 以下


選択基準

胆道再建や血行再建を伴う症例を除く肝悪性腫瘍(肝細胞癌、胆管細胞癌、転移性肝腫瘍など)と一部の良性腫瘍に対してda Vinciサージカルシステムを用いて肝切除を受ける予定の患者


除外基準

① 気腹操作の禁忌(閉塞隅角緑内障、脳圧亢進、高度肺気腫)

② 門脈や動脈の合併切除・再建を要する患者

③ 術前にリンパ節転移が疑われリンパ節郭清を予定している患者

④ その他、研究責任者が研究対象者として不適当と判断した方

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

病理学的検査における根治性、患者の無病期間や生存率


第二結果評価方法

利用する医薬品等

一般名称

販売名

組織情報