その他

がん治療中の患者に対する自宅での運動プログラムにおけるリハビリテーションアプリの効果についての小規模研究

治験詳細画面

目的


がん治療中の患者に、アプリを使った運動がどのような効果があるかを調べるための治験です。

基本情報


募集ステータス

募集中

対象疾患

がん

フェーズ2

参加条件


この治験に参加できる人は、50歳以上のがん患者で、男性でも女性でもOKです。ただし、両足で歩けない人や、うつ病以外の精神疾患の治療を受けている人、認知機能が著しく低下している人、増殖性網膜症やHbA1c値が10%以上の人、心不全や冠動脈疾患の人は参加できません。

治験内容


この治験は、がんという病気に対して、新しい治療法を研究するものです。治験のタイプは「介入研究」と呼ばれ、新しい治療法を実際に患者さんに試して、その効果や安全性を調べます。この治験は、フェーズ2という段階で行われています。治験の主要な目的は、実施率というものを評価することです。また、第二の目的として、患者さんの身体状態や生活の質を評価するために、いくつかの検査を行います。これらの検査には、Peformance status、EQ5D-5L、FACT/NTX、MDPQ、Shatle walking test、SPPB、BMIなどがあります。治験コーディネーターは、患者さんに治験について詳しく説明し、参加についての同意を得る役割を担います。

利用する医薬品等


利用する薬品情報はありません

組織情報


実施責任組織

帝京大学ちば総合医療センター整形外科

千葉県市原市姉崎3426-3

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。