その他

思春期のうつ病患者に対する看護師による認知行動療法の効果:自己コントロール力の向上を目指して

治験詳細画面

目的


この治験は、思春期のうつ病患者に看護師が認知行動療法を行い、抑うつ症状の軽減と自己コントロール力の向上を調べるものです。

対象疾患


大うつ病性障害
うつ病

参加条件


募集前

この治験に参加できる人は、14歳11ヶ月4週以上19歳11ヶ月4週未満の男性・女性です。うつ病/大うつ病性障害と診断されている人で、年齢が15歳以上19歳未満の人が選ばれます。ただし、言語的なコミュニケーションが困難な人や、研究の趣旨を理解することが困難な人、また「重症うつ病」と診断されている人は除外されます。

治験内容


この治験は、うつ病や大うつ病性障害の治療方法を研究するものです。治験のタイプは介入研究で、対象者に新しい治療法を試してもらいます。この治験はフェーズ0で行われます。主な目的は、対象者のセルフコントロール力を向上させることです。また、日本版BDI-Ⅱというテストを使って、うつ病の症状の改善を評価します。

治験フェーズ

情報なし:

利用する医薬品等

利用する薬品情報はありません

実施組織


国際医療福祉大学院

東京都港区赤坂4-1-26

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。