観察研究

卵巣がん・子宮内膜がんの新しいバイオマーカーを探すためのホスホイノシタイドバリアント解析

治験詳細画面

目的


卵巣がん・子宮内膜がんの患者の治療に役立つ情報を得るため、治験によってホスホイノシタイドバリアントのプロファイルを測定し、患者の予後や治療に対する反応性などとの関連性を解析する。

対象疾患


卵巣がん
がん

参加条件


募集中

この治験に参加できるのは、女性で、つくばヒト組織バイオバンクセンターで承認された期間内に卵巣がんまたは子宮内膜がんの手術を受けた方で、腫瘍組織、腹水、血液検体が保管されている方です。年齢制限はありません。特に除外基準はありません。

治験内容


この治験は、卵巣がんや子宮内膜がんの研究を行うものです。観察研究という方法で、患者さんの腫瘍組織や腹水、血液中の物質の濃度や遺伝子の情報などを調べます。また、年齢や病気の進行度合い、生存期間、治療の効果なども評価します。治療によって病気が進行しない期間や再発しない期間なども調べます。

治験フェーズ

情報なし:

利用する医薬品等

利用する薬品情報はありません

実施組織


筑波大学医学医療系

茨城県つくば市天久保2-1-1

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。