観察研究

重症喘息患者における新薬の効果を調べる研究

治験詳細画面

目的


要約:この治験の目的は、重症喘息患者に対して新しい薬の効果を調査し、臨床的な改善を評価することです。

対象疾患


喘息

参加条件


募集前

男性・女性

18歳以上

上限なし

選択基準

18歳以上の成人である方
書面での同意取得が得られている方
喘息の確定診断を有し、各国の添付文書に従い、喘息治療のために担当医師からヌーカラを処方されている方
登録前6ヵ月間にヌーカラを使用していない(選択基準2に記載されている場合を除く)方
医師によりFEV1予測値が60%以上かつ1年あたりの増悪数が4回以下と確認された方
ヌーカラ開始時の上記以外のヌーカラに関するその他の各国の処方基準(例:現地の償還基準)を満たしている方

除外基準

何らかの理由で、患者が生物学的製剤による治療を遵守する意志について研究担当医師が懸念している方
現在mOCS又は筋肉内コルチコステロイドの投与を受けている方
登録前6ヵ月以内にオマリズマブ、reslizumab、デュピルマブ、テゼペルマブ又はベンラリズマブを使用している方
治療介入を伴う介入試験に参加している方
その他の臨床的に重要な呼吸器疾患を有する方
何らかの理由で、患者が生物学的製剤による治療を遵守する意志について研究担当医師が懸念している方
現在mOCS又は筋肉内コルチコステロイドの投与を受けている方
登録前6ヵ月以内にオマリズマブ、reslizumab、デュピルマブ、テゼペルマブ又はベンラリズマブを使用している方
治療介入を伴う介入試験に参加している方
その他の臨床的に重要な呼吸器疾患を有する方

治験内容


この研究は喘息という病気について行われています。研究のタイプは観察研究です。主な目的は、ヌーカラという治療薬を使った患者が12ヵ月後に臨床的な改善を達成した割合を調べることです。 また、第二の目的として、ヌーカラを使った患者が追跡調査期間中に喘息の悪化を起こす割合や、12ヵ月後にステロイドの使用を減らし、臨床的な改善を達成した割合、そして生活の質の変化を評価することも含まれています。

治験フェーズ

情報なし:

利用する医薬品等

一般名称

メポリズマブ

販売名

ヌーカラ皮下注用

実施組織


GlaxoSmithKline Research & Development Limited

東京都中央区日本橋2-1-3アーバンネット日本橋二丁目ビル5階

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。