AKA-博田法による2ヶ月間の介入効果

臨床研究

目的

腰痛を訴える患者に対してAKA-博田法を実施し、その効果について介入前後を比較し、明らかとする。また、心理社会的リスク因子に配慮した腰痛の慢性化・難治化リスクによって分類された各群に対するAKA-博田法の効果について検証する。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

18歳 以上上限なし


選択基準

のぞみ整形外科・内科クリニックへ腰痛を主訴に受診される連続した患者

本研究の参加に関して文書による同意が得られる者


除外基準

本研究の参加に関して文書による同意が得られない者

階段昇降が修正自立未満のもの

強直性脊椎炎、骨折、脊椎悪性腫瘍等がある者

感染症や腫瘍による腰痛がある者

過去に脊椎の手術経験がある者

医師による徒手療法の処方がない者

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

Roland-Morris Disability Questionnaire


第二結果評価方法

Visual Analogue Scale

Fear-Avoidance Beliefs Questionnaire

Pain Self-Efficacy Questionnaire

5回立ち座りテスト

Yバランステスト

利用する医薬品等

一般名称

販売名