大腸癌化学療法後に残存するオキサリプラチン誘発性末梢性感覚神経障害に対するミロガバリンの有効性と安全性を検証する多機関共同第Ⅱ相試験

臨床研究

目的

オキサリプラチン誘発性末梢神経障害に対するミロガバリンの有効性を検討する

基本情報

募集ステータス
募集中


フェーズ2

参加条件

性別

化学療法誘発性末梢神経障害


年齢

末梢神経障害性疼痛D010523


選択基準

男性・女性


除外基準

・有害事象により研究治療が継続できない場合。

・有害事象との関連が否定できない理由により、患者が研究治療の中止を申し出た場合。

・有害事象との関連が否定できる理由により、患者が研究治療の中止を申し出た場合(登録後、研究治療開始前の患者拒否の場合を含む)。

・登録後の死亡。

・この臨床研究全体が中止になった場合

・研究治療中止日は、登録後不適格が判明した場合は担当医が不適格と判断した日、それ以外の場合は担当医が研究治療中止と判断した日とする。

・その他、研究責任者または研究分担者が中止したほうがよいと判断した場合

治験内容


主要結果評価方法

Tinglingの30%改善率


第二結果評価方法

ベースラインからのTingling、Numbness、Painに関するNRS変化量

利用する医薬品等

一般名称

ミロガバリン


販売名

タリージェ