手術・手技

進行した卵巣がんに対する腹腔鏡下手術の安全性と有効性の評価

治験詳細画面

目的


この治験は、20歳以上の女性で、卵巣癌の手術前に化学療法を受けた人を対象に、腹腔鏡手術の安全性を調べるものである。手術内容は、子宮全摘、付属器切除、大網切除などであり、必要に応じてリンパ節郭清も行われる。

基本情報


募集ステータス

募集中

対象疾患

卵巣癌

フェーズ1

参加条件


この治験に参加するための条件は、女性で20歳以上であることです。また、卵巣がんの治療を受けて、手術前に化学療法を行い、治療が効果的であった患者さんが対象となります。ただし、他の臓器にがんが広がっている場合は除外されます。

治験内容


この治験は、卵巣癌の治療方法を研究するために行われます。治験のタイプは介入研究で、フェーズ1と呼ばれる段階で行われます。治験の主要な結果評価方法は、出血量です。また、手術時間や入院期間、術中合併症などの頻度、QOL調査、化学療法開始までの期間、腫瘍残存度、全生存期間、無病増悪生存期間なども評価されます。これらの評価は、治療方法の効果や安全性を確認するために行われます。

利用する医薬品等


利用する薬品情報はありません

組織情報


実施責任組織

三重大学医学部附属病院

三重県津市江戸橋2-174

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。