観察研究

乳がん手術時の迅速診断法の臨床試験

治験詳細画面

目的


乳がんの手術中に、アジドプローブを使って乳房を保存する手術の切除断端を迅速に診断する方法「CTS法」の臨床試験を複数の施設で行う。

対象疾患


乳癌

参加条件


募集中

男性・女性

20歳以上

上限なし

選択基準

登録時の年齢が20歳以上の方
試験への参加について、説明書を通じてご自身の同意が得られている方
乳房温存手術の適応となる原発性乳がん患者(Tis-T2N0-1M0, stage0-IIB)
TNM分類:Tis-T2, N0-1, M0(4.1 臨床病期分類)
乳がんに対する術前全身治療(術前化学療法やホルモン療法)を受けていた方も対象

除外基準

TNM分類:腫瘍径が5cm以上の乳がん(T3以上)、または他臓器転移を有する乳がんM0(4.1 臨床病期分類)
主治医が不適当と判断した方
TNM分類:腫瘍径が5cm以上の乳がん(T3以上)、または他臓器転移を有する乳がんM0(4.1 臨床病期分類)
主治医が不適当と判断した方

治験内容


この治験は、乳癌を対象として行われる観察研究で、フェーズ2の段階にあります。主な目的は、乳癌の診断精度を向上させるために、異なる診断方法を比較することです。具体的には、通常の診断方法と比較して、新しい診断方法(CTS法)がどれだけ正確かを調査します。また、術前に薬物療法を受けた患者や、通常の治療を受けた患者など、異なるグループにおける診断精度も比較します。 また、治験の第二の目的は、術中の病理組織診断の正確性を評価し、再手術や放射線治療の必要性を判断することです。つまり、患者の手術中に病理組織を評価し、手術後の追加治療の必要性を判断するための方法を検討します。

治験フェーズ

フェーズ2: 少数の軽度な患者さんが対象

利用する医薬品等

利用する薬品情報はありません

実施組織


大阪大学大学院医学系研究科

大阪府吹田市山田丘2-2-E10

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。