企業治験

未治療の乳がん患者を対象とした新しい治療法の比較研究

治験詳細画面

目的


未治療のトリプルネガティブ又はホルモン受容体低発現/HER2陰性乳癌の成人患者を対象に、2種類の新しい治療法の効果を比較するための臨床試験が行われています。

対象疾患


乳癌

参加条件


募集前

男性・女性

18歳以上

上限なし

選択基準

患者さんは、同意書に署名した時点で18歳以上である必要があります。
患者さんは、治験に参加する前に必要な検査を行い、体の状態が一定の基準を満たしている必要があります。
患者さんは、活動のレベルや健康の状態が一定の水準にあることが求められます。
患者さんは、特定のステージの一側または両側の特定の乳がんであることが確定診断されている必要があります。具体的には、Stage IIまたはIIIの浸潤性TNBCまたはホルモン受容体低発現/HER2陰性乳がんです。
患者さんの乳がんは、一定の基準に基づいて評価される必要があります。この基準には、原発腫瘍および所属リンパ節の病期が特定の条件を満たしていることが含まれます。
患者さんは、無作為化前に許容できる腫瘍検体を提出している必要があります。詳細は「Laboratory Manual」に記されています。
患者さんは、無作為化前の7日以内に、十分な骨髄予備能及び臓器機能を有していること。

除外基準

患者さんに特定の合併症や既往症がある場合、治験に参加することができません。これには、特定の全身性疾患や胃腸障害、重大な心臓または精神疾患、慢性憩室炎、薬物乱用などが含まれます。
患者さんは、薬剤の吸収、分布、代謝、または排泄に影響を与える可能性のある条件を有していないこと。
患者さんは、別の原発性悪性腫瘍の既往がないこと。
患者さんは、自己免疫又は炎症性疾患、自己免疫性肺炎、及び自己免疫性心筋炎の合併又は既往を有していないこと。ただし、特定の例外があります。
患者さんに特定の合併症や既往症がある場合、治験に参加することができません。これには、特定の全身性疾患や胃腸障害、重大な心臓または精神疾患、慢性憩室炎、薬物乱用などが含まれます。
患者さんは、薬剤の吸収、分布、代謝、または排泄に影響を与える可能性のある条件を有していないこと。
患者さんは、別の原発性悪性腫瘍の既往がないこと。
患者さんは、自己免疫又は炎症性疾患、自己免疫性肺炎、及び自己免疫性心筋炎の合併又は既往を有していないこと。ただし、特定の例外があります。

治験内容


この治験は乳癌の治療方法を調査するための研究で、フェーズ3の介入研究です。治験の主な目的は、手術前に行われる抗がん剤療法が乳癌の腫瘍をどれだけ縮小させるかを評価することです。また、治験責任医師による患者の生存期間や生活の質なども評価されます。他にも、全生存期間や身体機能、疲労など患者が報告した症状や状態も比較評価されます。また、薬物の働き方や免疫反応も調査されます。治験の結果は、乳癌の治療方法の改善に役立つことが期待されています。

治験フェーズ

フェーズ3: 多くの実際の患者さんが対象

利用する医薬品等

一般名称

ダトポタマブ デルクステカン、デュルバルマブ(遺伝子組換え)製剤、カペシタビン、カルボプラチン 、ペムブロリズマブ(遺伝子組換え)、ドキソルビシン、エピルビシン、シクロフォスファミド、パクリタキセル、オラパリブ

販売名

なし、未定、未定、未定、未定、未定、未定、未定、未定、リムパーザ錠100mg/150mg

実施組織


第一三共株式会社

東京都品川区広町1-2-58

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。