非特定臨床研究

心房細動治療における肺静脈隔離法の効果と安全性について、低Ablation Index群と高Ablation Index群を比較する多施設共同ランダム化試験

治験詳細画面

目的


この治験は、心房細動症例に対する拡大肺静脈隔離術の効果と安全性を検討するために、低い目標値のAblation Indexで行った場合と高い目標値のAblation Indexで行った場合を比較します。有効性と安全性が確認された場合、より質の高い治療戦略を確立することが期待されます。

基本情報


募集ステータス

募集前

対象疾患

心房細動

情報なし

参加条件


この治験に参加するためには、20歳以上85歳以下の男性または女性で、心房細動の初回アブレーションを受ける患者である必要があります。ただし、抗凝固療法が禁忌である場合や左房内血栓が認められる場合、また研究責任医師や研究分担医師が不適当と判断した場合は参加できません。

治験内容


この治験は、心房細動という病気に対して、新しい治療法を研究するものです。治療法は、高Ablation Indexという方法で、肺静脈という部位を隔離することで心房細動を改善するものです。この治験では、隔離が成功したかどうかや、再発率などを調べることで、治療法の効果や安全性を評価します。治験に参加する患者さんは、治療法の効果や安全性について詳しく説明を受けた上で、自己判断で参加を決めます。

利用する医薬品等


利用する薬品情報はありません

組織情報


実施責任組織

京都大学医学部附属病院

京都府京都市左京区聖護院川原町54

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。