非特定臨床研究

オンライン診療が不随意運動症患者に有効かどうかを調べる試験

治験詳細画面

目的


この治験は、不随意運動症患者に対するオンライン診療の効果を調べるものです。

対象疾患


パーキンソン病

参加条件


募集前

男性・女性

18歳以上

18歳以下

選択基準

18歳以上の方
男性または女性の方
徳島大学病院または倉敷平成病院で外来通院中の方
治験に参加することに同意が得られた方
パーキンソン病またはジストニアの患者の方で、Abbott medical社製のinfinity®が埋め込みされている方

除外基準

本試験の参加が不適当と判断される方
本試験の参加が不適当と判断される方

治験内容


この治験は、介入研究と呼ばれるもので、ジストニアやパーキンソン病という病気を対象にしています。治験の目的は、患者さんの症状や心象の変化を評価することです。評価方法には、患者さんの総合的な変化を測る「PGIC」という尺度や、症状の改善度を測る「UPDRS」や「BFMDRS」という尺度が使われます。また、オンラインでの診療についても調査が行われます。治験の結果は、患者さんの病気の治療に役立つことが期待されています。

治験フェーズ

情報なし:

利用する医薬品等

利用する薬品情報はありません

実施組織


徳島大学

徳島県徳島市蔵本町3-18-15

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。