観察研究

筋弛緩モニターを使った筋弛緩評価の正確性についての研究

治験詳細画面

目的


未較正加速度感知型筋弛緩モニターを使って筋弛緩の評価がどれだけ正確かを調査すること。

対象疾患


手術を受ける患者
全身麻酔

参加条件


募集中

男性・女性

18歳以上

上限なし

選択基準

手術を受ける方
18歳以上の方
両上肢外転位で仰臥位の全身麻酔下手術を受ける方
ASA-PS (American Society of Anesthesiologists Physical Status) 1-2の全身状態良好な方

除外基準

気道確保困難が予想される方
咽喉頭疾患を有する方
胃内容逆流の惧れがある方
声門上器具による気道確保に適さない方
神経筋疾患合併の方
気道確保困難が予想される方
咽喉頭疾患を有する方
胃内容逆流の惧れがある方
声門上器具による気道確保に適さない方
神経筋疾患合併の方

治験内容


この治験は、仰臥位で全身麻酔下の手術を受ける患者を対象として行われる観察研究です。研究の主な目的は、筋弛緩モニターのT1再出現時間を較正したものと未較正のものを比較することです。また、作用発現時間や再出現時間、TOF比などの指標を両モニター間で比較し、患者の年齢や身体的特徴といった要因が結果に影響するかどうかも調査されます。治験の結果は、手術時の筋弛緩状態を正確に評価するために役立つ情報を提供することが期待されています。

治験フェーズ

情報なし:

利用する医薬品等

利用する薬品情報はありません

実施組織


熊本大学病院

熊本市中央区本荘1-1-1

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。