転移性去勢抵抗性前立腺がん患者を対象としたAMG 509の安全性、忍容性、薬物動態及び有効性を評価する第I相試験

目的

成人被験者のAMG 509の安全性及び忍容性を評価し、最大耐量(MTD)又は第II 相推奨用量(RP2D)を決定する。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

前立腺がん


治験フェーズ

フェーズ1

参加条件

性別

男性


年齢

18歳 以上上限なし


選択基準

・試験特有の何らかの手順が開始される前に文書による同意が得られている患者

・18歳以上の患者

・組織学的又は細胞学的にmCRPCであると確認された患者で、新規抗アンドロゲン療法(例:アビラテロン及び/又はエンザルタミド)に難治性であり、少なくとも1種類(ただし3種類以上は不可)のタキサン療法で効果が得られなかった(又は、医学的にタキサン療法に不適であると考えられる、若しくは患者がタキサン療法を拒否している)こと。

・用量探索パート:mCRPCに対して新規抗アンドロゲン療法を施行された症例。

・用量拡大パート:新規抗アンドロゲン療法中に増悪を来たした非転移性CRPC又はmCRPCの症例。

・両側精巣摘除術を施行済みである、又は性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)アゴニスト又はアンタゴニストによるADTを継続して受けていること。

・総血清テストステロン値50 ng/dL又は1.7 nmol/L以下

・PCWG3基準で定義された病勢進行の証拠が1つ以上該当すること。

・1週間以上の間隔をおいて実施した2回以上の連続する測定でPSA値が1 ng/mL以上である

・PCGW3修正版RECIST 1.1基準により定義される、リンパ節又は内臓における増悪

・骨スキャンにおける2つ以上の新病変の出現

・Eastern Cooperative Oncology Group(ECOG)performance statusが0~1

・余命が3カ月以上であると予測される患者

・下記に定義する十分な臓器機能を有する患者:

血液機能:

・好中球絶対数≧1×10^9/L(スクリーニング評価前7日以内の増殖因子による支持療法なし)

・血小板数 75×10^9/L以上(スクリーニング評価前7日以内の血小板輸血なし)

・ヘモグロビン9 g/dL(90 g/L)以上(スクリーニング評価前7日以内の輸血なし)

腎機能:

・MDRD(Modification of Diet in Renal Disease)により算出した推算糸球体濾過量30 mL/min/1.73 m2以上

肝機能:

・アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)及びアラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)<3×ULN(肝転移を伴う患者では<5×ULN)

・総ビリルビン(TBL)<1.5×ULN(肝転移を伴う患者では<2×ULN)

心機能:

・左心室駆出率>50%(評価方法は2D経胸壁心エコー検査[ECHO]を選択;ECHOが利用できない場合はMUGAスキャン[multi-gated acquisition scan]も可)

・ベースラインECG QTcF 470 msec未満


除外基準

対象疾患関連

・前立腺の純粋型の小細胞神経内分泌癌、又は腺がんとは異なるその他の組織型に一致する病理所見。

・初回投与前4週間以内の放射線療法(局所放射線療法は初回投与前2週間以内)

・未治療の中枢神経系(CNS)転移又は軟髄膜病変。CNS転移の既治療歴がある患者は、CNSに対する治療の終了時に画像検査で改善が示されており、かつCNSに対する治療の終了からスクリーニング画像検査までの間に増悪を来した証拠がなければ組入れ可能である。

その他の病歴

・初回投与前4週間以内の大手術の既往

・自己免疫疾患に罹患している又は病歴を有する患者、若しくは永続的な免疫抑制状態にあるか永続的な免疫抑制療法を必要とする他の疾患に罹患していることが確認された患者

・治験薬投与前7日以内に、静注抗菌薬による管理を必要とする真菌、細菌、ウイルスその他の感染症が認められた患者

注:単純尿路感染症及び無併発性の細菌性咽頭炎は、治療対して良好に反応すれば、治験依頼者との協議を経て組入れ可能である。慢性感染症のスクリーニングは不要である。

・ヒト免疫不全ウイルス(HIV)検査陽性

・以下の検査結果及び/又は基準に基づく肝炎感染

・B型肝炎表面抗原(HBsAg)陽性(慢性B型肝炎又は最近の急性B型肝炎を示す)

・HBsAg陰性、かつB型肝炎コア抗体及び/又はB型肝炎表面抗体(HBsAb)陽性:ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)によるB型肝炎ウイルスDNA検査が必要である。B型肝炎ウイルスDNAが検出された場合、潜在性B型肝炎が示唆される。

・C型肝炎ウイルス抗体(HCVAb)陽性:PCRによるC型肝炎ウイルスRNA検査が必要である。C型肝炎ウイルスRNAが検出された場合、慢性C型肝炎が示唆される。

・AMG 509の初回投与前12カ月以内の動脈又は静脈血栓症(例:脳卒中、一過性脳虚血発作、肺塞栓症、深部静脈血栓症)の既往

・AMG 509 の初回投与前12カ月以内の心筋梗塞及び/又は症候性うっ血性心不全(New York Heart Association クラスIII以上)

・先行の抗腫瘍療法による毒性で、有害事象共通用語規準(CTCAE)version 5.0のグレード1にまで回復していないもの。ただし、脱毛症又は、安定し良好に管理されており、かつ治験責任医師と治験依頼者の両者が組入れに問題ないことに同意した毒性は除く。

・過去2年以内に、他の悪性腫瘍の既往歴を有する患者。ただし以下の例外を除く。

・悪性腫瘍に対し根治目的での治療歴を有し、組入れ前1年以上活動性病変がなく、かつ再発のリスクが低いと医師が判断する患者

・適切に治療された悪性黒色腫以外の皮膚癌又は悪性黒子で、疾患のエビデンスがないもの

・適切に治療された非浸潤性乳頭状尿路上皮癌又は尿路上皮内癌

・炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎若しくはクローン病)又は慢性の悪心、嘔吐若しくは下痢(CTCAE グレード2以上のもの)を生じるその他の胃腸疾患が認められるか、又はその病歴がある患者

・間質性肺疾患若しくは活動性の非感染性肺炎又はコントロール不良の喘息が認められる患者

前治療及び併用療法

・STEAP1標的療法の既往

・初回投与開始前4週間以内の抗癌治療又は免疫療法(LHRH/GnRHアナログ[アゴニスト/アンタゴニスト]を除く)。組入れの30日以上前にビスホスホネート製剤又はデノスマブの安定投与を受けていた患者は組入れ可能である。

・治験薬投与前7日以内に、長期の全身コルチコステロイド療法(10 mg/日を超えるプレドニゾン又は同等の治療)又はその他の免疫抑制療法(抗TNFα療法等)を受け、(適切な漸減を経ての)中止に至っていない患者

過去又は現在の臨床試験参加経験

・現在他の治験薬又は治験用医療機器により治療中の患者、又は他の治験薬や治験用医療機器による治療終了後4週未満の患者。本治験に参加している間は、本治験以外の治験手順についても除外する。

治験内容

研究のタイプ

企業治験介入研究


主要結果評価方法

1. 試験治療下で発現した有害事象の発現率 [ 3年間 ]

2. 治験薬と関連のある有害事象の発現率[ 3年間 ]

3. 用量制限毒性(DLT)[ 3年間 ]

4. バイタルサインで変化が認められた被験者数[ 3年間 ]

5. 心電図(ECG)で変化が認められた被験者数[ 3年間 ]

6. 臨床検査結果で変化が認められた被験者数[ 3年間 ]


第二結果評価方法

1. AMG 509の最高血清中濃度(Cmax)[ 3年間 ]

 AMG 509の薬物動態(PK)を明らかにする

2. AMG 509の最低血清中濃度(Cmin) [ 3年間 ]

 AMG 509の薬物動態(PK)を明らかにする

3. AMG 509の投与間隔毎の濃度‐時間曲線下面積(AUC)[ 3年間 ]

 AMG 509の薬物動態(PK)を明らかにする

4. AMG 509の反復投与後の蓄積性 [ 3年間 ]

 AMG 509の薬物動態(PK)を明らかにする

5. Prostate Cancer Working Group 3(PCWG3)の修正を加えた固形がんの治療効果判定基準(RECIST 1.1)による客観的腫瘍縮小効果(OR) [ 3年間 ]

 AMG 509の予備的な抗腫瘍効果を評価する

6. 前立腺特異抗原(PSA)奏効 [ 3年間 ]

 AMG 509 の予備的な抗腫瘍効果を評価する

7. 奏効期間(DOR)(画像検査及びPSAによる)[ 3年間 ]

 AMG 509の予備的な抗腫瘍効果を評価する

8. 無増悪期間(画像検査及びPSAによる)[ 3年間 ]

 AMG 509の予備的な抗腫瘍効果を評価する

9. 無増悪生存期間(PFS)(画像検査及びPSAによる)[ 3年間 ]

 AMG 509の予備的な抗腫瘍効果を評価する

10. 1, 2及び3年全生存率(OS)[ 1, 2, 及び3年 ]

 AMG 509の予備的な抗腫瘍効果を評価する

11. 血中循環腫瘍細胞レスポンス(CTC0)[ 3年間 ]

 AMG 509の予備的な抗腫瘍効果を評価する

12. 血中循環腫瘍細胞(CTC)コンバージョン [ 3年間 ]

 AMG 509の予備的な抗腫瘍効果を評価する

13. 症候性骨イベント発現までの時間 [ 3年間 ]

 AMG 509の予備的な抗腫瘍効果を評価する。PCWG 3が推奨する評価項目に基づく腫瘍量の測定。

14. アルカリホスファターゼ (total, bone) [ 3年間 ]

 AMG 509の予備的な抗腫瘍効果を評価する。PCWG 3が推奨する評価項目に基づく腫瘍量の測定。

15. 乳酸脱水素酵素(LDH)[ 3年間 ]

 AMG 509の予備的な抗腫瘍効果を評価する。PCWG 3が推奨する評価項目に基づく腫瘍量の測定。

16. ヘモグロビン [ 3年間 ]

 AMG 509の予備的な抗腫瘍効果を評価する。PCWG 3が推奨する評価項目に基づく腫瘍量の測定。

17. 尿中N-テロペプチド [ 3年間 ]

 AMG 509の予備的な抗腫瘍効果を評価する。PCWG 3が推奨する評価項目に基づく腫瘍量の測定。

18. 好中球/リンパ球比 [ 3年間 ]

 AMG 509の予備的な抗腫瘍効果を評価する。PCWG 3が推奨する評価項目に基づく腫瘍量の測定。

利用する医薬品等

一般名称

AMG 509


販売名

なし

組織情報

実施責任組織

アムジェン株式会社


住所

東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー