中等症から重症の化膿性汗腺炎患者治療のためのbermekimab(JNJ-77474462)の安全性及び有効性を評価する,第2a/2b 相,多施設共同,ランダム化,プラセボ及び実薬対照,二重盲検,用量範囲探索試験

目的

本治験の目的は、中等症から重症の化膿性汗腺炎(HS)患者におけるbermekimabの有効性の用量反応性を評価することである。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

化膿性汗腺炎


治験フェーズ

フェーズ2

参加条件

性別

男性・女性


年齢

18歳 以上上限なし


選択基準

選択基準:

- 問診及び/又は病歴の確認から,ベースライン前1 年(365 日)以上にわたり,HS が認められると治験責任(分担)医師が判断する患者

- 治験責任(分担)医師がスクリーニング及びベースライン来院時にHurley Stage II又はHurley Stage IIIと判定するHSを認める

- スクリーニング及びベースライン来院時に 2 つ以上の異なる解剖学的領域にHS病変が認められる(以下に限定はされないが,例えば,左及び右の腋窩又は左腋窩と左鼡径大腿ひだ等)

- スクリーニング及びベースライン時に総数5以上の膿瘍及び炎症性結節(AN)が認められる

- 治験期間中及び治験薬の最終投与後90日間は、ウイルス又は細菌の生ワクチンを接種しないことに同意している


除外基準

除外基準:

- 重度、進行性、又はコントロール不能の腎障害、心臓障害、血管障害、肺障害、胃腸障害、内分泌障害、神経性障害、血液学的障害、リウマチ性疾患に伴う障害、精神障害又は代謝障害があると現在診断されている、あるいはそのような徴候又は症状を認める

- 過去3ヵ月以内に臨床的増悪と定義される不安定な心血管疾患(例:不安定狭心症、頻拍性の心房細動)を認める、又は過去3ヵ月以内に心臓関連の理由で入院している

- 帯状疱疹に罹患している、又はスクリーニング前の2ヵ月以内に帯状疱疹に罹患した

- 移植臓器を有する(ただし、治験薬の初回投与の3ヵ月以上前に実施した角膜移植は除く)

- bermekimab又はアダリムマブ若しくはその添加物にアレルギー若しくは過敏症を呈する、又は忍容性がない

治験内容

研究のタイプ

企業治験介入研究


主要結果評価方法

-Week 16に化膿性汗腺炎の臨床反応50(HiSCR50)を達成した被験者の割合

Week16

HiSCR50は、膿瘍及び炎症性結節(AN)の総数がベースラインから50%以上減少し、かつ膿瘍数及び排液性瘻孔数に増加がない状態と定義される。HiSCR50を達成した被験者の割合を報告する。


第二結果評価方法

-Week 16にHiSCR75を達成した被験者の割合

Week 16

HiSCR75は、ANの総数がベースラインから75%以上減少し、かつ膿瘍数及び排液性瘻孔数に増加がない状態と定義される。Week 16にHiSCR75を達成した被験者の割合を報告する。

ーWeek 16にHiSCR90を達成した被験者の割合

Week 16

HiSCR90は、ANの総数がベースラインから90%以上減少し、かつ膿瘍数及び排液性瘻孔数に増加がない状態と定義される。Week 16にHiSCR90を達成した被験者の割合を報告する。

ー膿瘍及び炎症性結節(AN)数のベースラインからWeek 16までの変化

ベースラインからWeek 16まで

AN数のベースラインからWeek 16までの変化を報告する。

-Week 16のAN総数が50%以上、 75%以上、 90%以上及び100%減少した被験者の割合

Week 16

Week 16のAN総数が50%以上、 75%以上、 90%以上及び100%減少した被験者の割合を報告する。

-Week 16のAN数が0/1及び0/1/2を達成した被験者の割合

Week 16

Week 16のAN数が0/1及び0/1/2を達成した被験者の割合を報告する。

-ベースラインで膿瘍が認められた被験者のうち、Week 16に膿瘍が完全に消失した被験者の割合

Week 16

ベースライン時に膿瘍が認められた被験者のうち、Week 16に膿瘍が完全に消失した被験者の割合を報告する。

-ベースラインからWeek 16までの膿瘍数の変化量

ベースラインからWeek 16まで

ベースラインからWeek 16までの膿瘍数の変化量を報告する。

-ベースラインで排液性瘻孔を認めていた被験者のうち、Week 16に排液性瘻孔が完全に消失した被験者の割合

Week 16

ベースライン時に排液性瘻孔が認められた被験者のうち、Week 16に排液性瘻孔が完全に消失した被験者の割合を報告する

-ベースラインからWeek 16までの排液性瘻孔数の変化量

ベースラインからWeek 16まで

ベースラインからWeek 16までの排液性瘻孔数の変化量を報告する。

-ベースラインで炎症性結節を認めていた被験者のうち、Week 16に炎症性結節が完全に消失した被験者の割合

Week 16

ベースライン時に炎症性結節が認められた被験者のうち、Week 16に炎症性結節が完全に消失した被験者の割合を報告する。

-ベースラインからWeek 16までの炎症性結節数の変化量

ベースラインからWeek 16まで

ベースラインからWeek 16までの炎症性結節数の変化量を報告する。

-ベースラインからWeek 16までの国際化膿性汗腺炎重症度スコアシステム(IHS4)のスコアの変化量

ベースラインからWeek 16まで

ベースラインからWeek 16までのIHS4スコアの変化量を報告する。IHS4スコアはHSの重症度を評価するもので、結節数(1を乗じた値)に膿瘍数(2を乗じた値)を加え、排液性瘻孔数(4を乗じた値)を加えた値となる。合計スコアが3以下の場合は軽症、4~10の場合は中等症、11以上の場合は重症を示す。

-Week 16に化膿性汗腺炎-治験責任(分担)医師による全般的評価(HS-IGA)スコアが不活動性(0)、ほぼ不活動性(1)又は軽度(2)であり、かつベースラインと比較して2グレード以上改善した被験者の割合

Week 16

Week 16にHS-IGAスコアが不活動性(0)、ほぼ不活動性(1)又は軽度(2)であり、かつベースラインと比較して2グレード以上改善した被験者の割合を報告する。被験者のHSは、不活動性(0)、ほぼ不活動性(1)、軽度の活動性(2)、中等度の活動性(3)又は重度の活動性(4)に分類される。スコアが高いほど重症であることを示す。

-ベースラインで中等度(3)又は重度(4)のHS-IGAスコアであった被験者のうち、Week 16にHS-IGAスコアが不活動性(0)又はほぼ不活動性(1)になった被験者の割合

Week 16

ベースライン時にHS-IGAスコアが中等度(3)又は重度(4)であった被験者のうち、Week 16に不活動性(0)又はほぼ不活動性(1)になった被験者の割合を報告する。

-ベースラインからWeek 16までのDermatology Life Quality Index(DLQI)スコアの変化量

ベースラインからWeek 16まで

ベースラインからWeek 16までのDLQIスコアの変化量を報告する。DLQIは、被験者の生活の質(QoL)に及ぼすHSの疾患の影響を評価するよう設計された皮膚用のQoL質問票である。これは10項目の患者報告アウトカム(PRO)質問票であり、全般的QoLの評価に加えて、QoLに影響すると考えられる6項目(症状・感情、日常活動、レジャー、仕事・学校、人間関係、治療)の評価にも使用できる。DLQIスコアは0~30点の数値で表され、スコアが高いほどQoLへの影響が大きいことを示す。

-ベースラインからWeek 16までのHidradenitis Suppurativa Symptom Diary(HSSD-24h)スコアの変化量

ベースラインからWeek 16まで

ベースラインからWeek 16までのHSSD-24hスコアの変化量を報告する。HSSDは患者自身が報告する8項目の質問票であり、HSの症状(痛み、圧痛、圧力、かゆみ、熱及び匂いなど)及び徴候(腫脹及び排膿の状態など)を評価する。各症状の重症度を0から10の数値評価スケール(0 は症状を認めなかったことを示し、10 は考えうる最悪の症状を認めたことを示す)で採点するよう被験者に指示する。

-ベースラインからWeek 16までのHSSD-24hの痛みスケールスコアの変化量

ベースラインからWeek 16まで

ベースラインからWeek 16までのHSSD-24hの痛みスケールスコアの変化量を報告する。HSSDは患者自身が報告する8項目の質問票であり、HSの症状(痛み、圧痛、圧力、かゆみ、熱及び匂いなど)及び徴候(腫脹及び排膿の状態など)を評価する。各症状の重症度を0から10の数値評価スケール(0 は症状を認めなかったことを示し、10 は考えうる最悪の症状を認めたことを示す)で採点するよう被験者に指示する。

-ベースラインからWeek 16までのHSSD-24hのかゆみスケールスコアの変化量

ベースラインからWeek 16まで

ベースラインからWeek 16までのHSSD-24hのかゆみスケールスコアの変化量を報告する。HSSDは患者自身が報告する8項目の質問票であり、HSの症状(痛み、圧痛、圧力、かゆみ、熱及び匂いなど)及び徴候(腫脹及び排膿の状態など)を評価する。各症状の重症度を0から10の数値評価スケール(0 は症状を認めなかったことを示し、10 は考えうる最悪の症状を認めたことを示す)で採点するよう被験者に指示する。

-治験薬投与後に発現した有害事象(TEAE)が認められた被験者の割合

Week 36まで

有害事象(AE)とは、治験に参加した被験者に生じたあらゆる好ましくない医療上のできごとであり、必ずしも治験中の医薬品(生物学的製剤を含む)の投与との因果関係が明らかなもののみを示すものではない。TEAEとは、投与期間中に発現したAE又は既存の病状がベースライン以降に悪化したAEである。

-治験薬投与後に発現した重篤な有害事象(SAE)が認められた被験者の割合

Week 36まで

SAEとは、投与量を問わず死亡に至る可能性のある、生命を脅かす、入院又は入院期間の延長が必要となる、永続的又は顕著な障害・機能不全に陥る、先天異常・先天性欠損を来す、医薬品を介したあらゆる感染因子の伝播が疑われる、あらゆる好ましくない医療上の出来事である。治験薬投与後に発現したSAEとは、治験薬の初回投与日以降に発現又は悪化したSAEと定義する。

-臨床検査値異常が認められた被験者の割合

Week 36まで

臨床検査値(血液学的検査、血液生化学的検査)に異常が認められた被験者の割合を報告する。

-bermekimabの血清中濃度

Week 36まで

血清中bermekimab濃度を経時的に評価する。

-抗bermekimab抗体陽性の被験者数

Week 36まで

抗bermekimab抗体陽性の被験者数を報告する。

利用する医薬品等

一般名称

bermekimab、adalimumab、プラセボ


販売名

なし、HUMIRA(ベルギー、スイス、米国)、なし

組織情報

実施責任組織

ヤンセンファーマ株式会社


住所

東京都千代田区西神田3-5-2