進行非小細胞肺がん患者を対象としたMGY825 の第I 相試験

治験

目的

本治験の目的は,NFE2L2 / KEAP1 / CUL3 遺伝子変異の有無を問わない進行非小細胞肺がんを有する成人患者を対象としてMGY825 の最大耐量及び/又は推奨用量を特定することである。MGY825 の安全性,忍容性薬物動態,及び予備的抗腫瘍活性についても評価する。

基本情報

募集ステータス
募集中


フェーズ1

参加条件

性別

男性・女性


年齢

18歳 以上上限なし


選択基準

本治験に関わるすべての評価及び検査の開始前に,文書により同意が得られた患者用量漸増パート及び用量拡大パート第1 群:組織学的又は細胞学的に進行(転移性又は切除不能)NFE2L2 / KEAP1 / CUL3 変異陽性NSCLC と確定診断された患者。登録には,組織検体においてNFE2L2 / KEAP1 / CUL3変異が確認された実施医療機関のデータが必要である。用量拡大パート第2 群:組織学的又は細胞学的にNFE2L2 / KEAP1 / CUL3 変異の有無を問わない進行(転移性又は切除不能)NSCLC と確定診断された患者すべての患者:IV 期NSCLC に対する白金製剤を含む化学療法レジメン及びPD-(L)1 抗体療法(必要な場合)後に進行した患者。VEGF / VEGFR を標的とする薬剤による前治療は許容される。術前・術後補助療法は許容される。アクショナブル変異を伴う腫瘍を有するNSCLC 患者では,既承認分子標的薬(例:EGFRi,ALKi,METi)による前治療を必須とする。RECIST 第1.1 版に基づく測定可能病変を1 つ以上有する患者生検可能な疾患部位を有し,実施医療機関のガイドラインに従った腫瘍生検生検生検が可能な患者。患者はスクリーニング時及び治験薬投与期間中に新たな腫瘍生検生検生検を受ける意思があること。最後の全身療法後かつ治験登録前3 ヵ月以内に採取した最近の生検検体をスクリーニング時に提出してもよい。


除外基準

臨床検査値が以下の定義のとおり基準範囲外の患者 クレアチニンクリアランス(Cockcroft-Gault 式を用いた計算値又は実測値)< 60 mL/min, 総ビリルビン > 1.5 x 基準値上限(ULN)(ジルベール症候群の患者は > 3.0 x ULN又は直接ビリルビン > 1.5 x ULN), ALT > 3 x ULN, AST > 3 x ULN, ANC < 1.0 x 109/L, 血小板数 < 75 x 109/L, ヘモグロビン < 9 g/dL以下のいずれかを含む心機能障害又は臨床的に重要な心疾患を有する患者 治療を要するうっ血性心不全(NYHA グレード2 以上),コントロール不良の高血圧,又は臨床的に重要な不整脈等,臨床的に重要及び/又はコントロール不良の心疾患 スクリーニング時のECG におけるQTcF 間隔が > 470 msec 又は先天性QT 延長症候群 治験登録前3 ヵ月未満の急性心筋梗塞又は不安定狭心症を有する患者症候性CNS 転移を有する患者又はCNS に対する局所治療(放射線治療又は手術等)若しくは治験参加前2 週間以内にコルチコステロイド剤の増量を必要とするCNS 転移を有する患者。治療を受けた症候性脳転移を有する患者は,神経学的に安定(治療後4 週間及び治験参加前)であり,かつ治験薬投与前2 週間以上にわたってプレドニゾロン投与量が10 mg/日以下又は等価用量以下であること。既知の活動性COVID-19 感染を有する患者投与スケジュールに従ってカプセルを飲み込むことができない又はその意思がない患者

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

1. 有害事象(AE)及び重篤な有害事象(SAE)の発現頻度及び重症度2. 投与中断,減量3. 用量強度4. 投与開始後28 日間における用量制限毒性(DLT)の発現頻度及び性質


第二結果評価方法

利用する医薬品等

一般名称

MGY825


販売名

なし