特発性肺線維症(IPF)患者を対象としたpamrevlumabの有効性及び安全性を評価する第3相無作為化二重盲検プラセボ対照試験

治験

目的

特発性肺線維症患者を対象に、プラセボとの比較でpamrevlumabの有効性及び安全性を評価すること

基本情報

募集ステータス
募集中


フェーズ3

参加条件

性別

男性・女性


年齢

40歳 以上85歳 以下


選択基準

1. スクリーニング開始時点の年齢が40~85歳である。2. ATS/ERS/JRS/ALATガイドライン(Raghu, 2018)に従い、IPFと診断されている。3. 過去7年以内にIPFの診断歴がある。発症日の定義は、HRCT及び/若しくは外科的肺生検(SLB)、又は他の適切な組織検体(凍結生検など)によって初めてIPFの診断が病歴に記録された日とする。4. スクリーニング時のHRCT検査で間質性肺線維症「肺全体の10%以上50%未満に肺実質の線維化(網状影)及び25%未満の蜂巣肺が認められる」が確認されている。注意:無作為割付の前にIndependent Radiology Imaging Review Groupによる確認が必要である。直近のHRCT画像(スクリーニング前3カ月以内)がある場合は、これをスクリーニングに使用することができる。ただし、Independent Radiology Imaging Review Groupに提出して評価を受け、画像主要マニュアル(ICM)に詳述されている画像取得パラメータを遵守しており、本治験で使用が許可されているものと同一のHRCTスキャナで撮像した場合に限る。5. スクリーニング時及びDay 1(無作為割付前)のFVCppが45%超95%未満である。6. Hb値で補正したスクリーニング時の一酸化炭素肺拡散能力(DLCO)の予測値に対するパーセントが25%以上90%以下である(各治験実施医療機関で測定)。スクリーニング前3カ月以内に測定したDLCOの結果がある場合は、これをスクリーニングに使用することができる。7. FVC及びDLCOの検査結果がいずれも基礎疾患であるIPFを反映している[すなわち、急性呼吸器イベント(肺感染症、風邪など)や、PFTの結果に影響を及ぼすことが知られているその他の事象(肋骨骨折、胸痛など)が発現していない状態で得られた検査結果である]。8. 現在、既承認IPF治療に不耐容若しくは不応である、又は治験責任医師からリスク及びベネフィットに関する十分な説明を受けたうえで治療を受けないことを選択したなどの理由で既承認IPF治療(ピルフェニドン又はニンテダニブ)を使用していない。注意:本治験に登録するために既承認IPF治療を中止してはならない。9. 妊娠可能なパートナーがいる男性被験者及び妊娠可能な女性被験者(閉経後1年未満の女性を含む)は、治験期間中及び治験薬の最終投与後3カ月間は、Clinical Trial Facilitation Group(CTFG)が推奨する効果の高い避妊法(詳細は本文書の5.2.3項を参照)を使用しなければならない。妊娠不能な女性は以下のいずれかに該当する場合と定義する。a. 閉経後の女性(閉経以外の医学的理由がなく無月経の状態が12カ月以上にわたる場合と定義)、45歳未満の女性の場合は、ホルモン避妊薬又はホルモン補充療法を使用していない状態で、閉経後の卵胞刺激ホルモン(FSH)値に相当する高値であることに基づき閉経を確認できる。b. スクリーニングの少なくとも6週間前に、子宮摘出術及び/又は両側卵巣摘出術、両側卵管切除術、又は両側卵管結紮術/閉塞術を受けている。c. 妊娠の妨げとなる先天性又は後天性の病態を有する。10. 同意説明文書の内容を理解し、署名できる。


除外基準

1. Pamrevlumabの投与歴がある。2. 次のいずれかの基準に該当する重大な閉塞性肺疾患がある。(1)一秒量と努力肺活量の比(FEV1/FVC比)が0.70未満、(2)HRCT検査で肺線維症より肺気腫の病巣が大きい。注意:無作為割付の前にIndependent Radiology Imaging Review Groupによる確認が必要である。3. 妊娠中又は授乳中の女性患者。4. スクリーニング前3カ月以内の喫煙歴がある及び/又は治験期間を通じて禁煙の意思がない。5. IPF以外の間質性肺疾患(ILD)。これには、その他の型の特発性間質性肺炎線維化関連物質などの環境毒素又は薬物の曝露に関連した肺疾患、他の種類の職業性肺疾患、肉芽腫性肺疾患、肺血管疾患、全身性疾患(血管炎、感染症及び結合組織病など)が含まれるが、これに限定されない。診断が確実でない場合、血清学的検査及び/又は学際的チームによるレビューを実施し、IPFかそれ以外のILDかの診断を確定する必要がある。6. FVC、DLCO及び/又は胸部HRCT検査の変化に基づき、スクリーニング前12カ月間にIPF重症度の持続的な改善が認められている。7. 気道、肺実質、胸膜腔、縦隔、横隔膜、胸壁の疾患及び障害など、本治験の主要評価項目に影響を与える又は被験者の治験参加を妨げると治験責任医師が判断するその他の呼吸器疾患の病歴。8. 被験者の本治験への十分な参加の妨げとなると治験責任医師が判断する医学的状態(過去6カ月以内の心筋梗塞/脳卒中など)又は実施上の問題がある。9. コントロール不良の慢性心不全[ニューヨーク心臓協会(NYHA)分類でIII度以上]、治療が必要は肺性心の臨床診断、又は治療が必要な重度の肺動脈性肺高血圧症があり、本治験への参加の妨げとなると治験責任医師が判断する場合。10. 臨床的に重大な臨床検査値の異常[例:血清血清血清クレアチニンクレアチニンクレアチニンが正常上限値の1.5倍以上、ヘモグロビン(Hb)が10 g/dL未満、白血球数が3,000/mm3未満、血小板が100,000/mm3未満、血清ビリルビンが正常上限値の1.5倍超、血清アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)又はアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)が正常上限値の2倍以上、血清アルカリホスファターゼが正常上限値の2倍以上]。11. スクリーニング時又は無作為割付時にIPFの急性増悪が認められる又は疑われる(例:スクリーニング前4週間以内又はスクリーニング時のIPFの急性増悪による入院)。12. Day 1後6カ月以内に肺移植を施行する可能性が高い(治験責任医師の判断)。13. スクリーニング前30日以内の治験薬若しくは未承認薬の使用、又は治験薬を用いる臨床試験への参加。あるいはスクリーニング前1週間以内の既承認IPF治療(ピルフェニドン又はニンテダニブ)の使用。14. 重度の肺動脈高血圧症の治療以外で、ホスホジエステラーゼ(PDE)5阻害薬(シルデナフィル、タダラフィルなど)を連日使用している。15. 悪性腫瘍に罹患している(基底細胞癌や皮膚扁平上皮癌などの限局性癌は除く)。死に至る可能性が高い又は翌年中に重大な内科的又は外科的介入を必要とする悪性腫瘍の病歴。16. ヒトモノクローナル抗体、ヒト化モノクローナル抗体、キメラ型モノクローナル抗体若しくはマウスモノクローナル抗体、又はその添加剤の成分に対するアレルギー反応若しくはアナフィラキシー反応の既往。17. 翌年中に死に至る可能性が高いIPF以外の疾患。18. 何らかの理由で被験者の治験への十分な参加及び完了が不可能であると治験責任医師が判断する場合(例:治験手順及び治験治療を遵守できない者、中毒又はその他の重大な医学的若しくは精神的状態)。

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

ベースラインと比したWeek 48のFVC(L)の変化量


第二結果評価方法

1 FVCppの10%以上の絶対的低下又は死亡のいずれか早い方と定義する疾患進行までの期間2 ベースラインと比したWeek 48のFVCppの絶対的変化量3 ベースラインと比したWeek 48のFVCppの相対的変化量4 複合臨床転帰(呼吸器に関する入院、死亡又はFVCppの10%以上の絶対的低下のいずれか早い方)までの期間5 呼吸器に関する初回入院までの期間6 ベースラインと比したWeek 48の定量的肺線維化(QLF)容積の変化7 ベースラインと比したWeek 48のSt. George’s Respiratory Questionnaire(SGRQ)スコアの変化8 ベースラインと比したWeek 48のカリフォルニア大学サンディエゴ校—息切れ質問票(UCSD-SOBQ)スコアの変化9 ベースラインと比したWeek 48のレスター咳質問票(LCQ)スコアの変化10 全死因死亡までの期間11 IPFの初回急性増悪までの期間

利用する医薬品等

一般名称

Pamrevlumab


販売名

なし