肺動脈性肺高血圧症患者を対象に,マシテンタン75 mg とマシテンタン10 mg の有効性,安全性及び忍容性を比較する第3 相,前向き,多施設共同,二重盲検,ダブルダミー,ランダム化,実薬対照,並行群間,群逐次,アダプティブ,イベントドリブン試験,及びマシテンタン75 mgの非盲検継続投与試験

目的

試験の目的は症候性肺動脈性肺高血圧症(PAH)患者を対象に,マシテンタン75 mg がマシテンタン10 mg と比較して,イベント評価委員会(CEC)が判定した最初のPAH の悪化/死亡(M/M)イベントが発現するまでの時間の延長に関する優越性を示す。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

肺動脈性肺高血圧症


治験フェーズ

フェーズ3

参加条件

性別

男性・女性


年齢

18歳 以上上限なし


選択基準

・治験対象集団:18(又は治験を実施する管轄での同意の法定年齢)歳以上

・治験対象集団:世界保健機構機能分類(WHO FC) II,III 又はIV の症候性肺動脈性肺高血圧症(PAH)

・治験対象集団:以下の分類のいずれかに該当するPAH サブタイプ:特発性;遺伝性;薬物又は毒物誘発性;以下に関連するもの:結合組織病;HIV 感染症;門脈圧亢進症;外科的手術実施から1 年以上経過後の右心カテーテル検査(RHC)によりPH の持続が確認されている単純先天性体循環-肺循環短絡を伴う先天性心疾患(心房中隔欠損症,心室中隔欠損症,動脈管開存症)

・スクリーニングのいずれかの時点で実施された安静時血行動態評価によりPAH の確定診断がされている患者:平均肺動脈圧(mPAP)が20 mmHg 超,及び;肺毛細血管楔入圧(PAWP)又は左室拡張末期圧(LVEDP)が15 mmg以下,及び;PVRが3Wood Unit以上(240 dyn・sec・cm-5以上)。

・スクリーニング時の6 分間歩行距離(6MWT )で50~440 m 歩行可能である。


除外基準

・確認された病歴に基づき,スクリーニング時に駆出率は維持されている心不全の以下のリスク因子が3 つ以上存在することが判明している患者;体格指数(BMI)が>30 kg/m2 の患者;糖尿病(タイプ不問);本態性高血圧症(コントロール良・不良は問わない),以下のうちのいずれかの冠動脈疾患:安定狭心症の既往;冠動脈に50%以上の狭窄があることが判明している;心筋梗塞の既往;冠動脈バイパス手術及び/又は冠動脈ステント留置術の既往がある,又は実施が予定されている

・スクリーニング前1 年以内に実施したスパイロメトリー検査により中等度又は重度の閉塞性肺疾患[気管支拡張薬投与後の1 秒量/努力肺活量(FEV1/FVC)が0.7 未満,かつFEV1 が予測値の0.6 未満]であることが判明している患者

・確認された病歴の記録に基づき,Child-Pugh クラスB 又はC で定義される,中等度から重度の肝障害であることが判明している患者

・スクリーニング時に血清アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)及び/又は血清アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)が基準値上限の1.5 倍を超えている患者

・スクリーニング時のヘモグロビン(Hb)が100 g/L(<10 g/dL)未満の患者

治験内容

研究のタイプ

企業治験介入研究


主要結果評価方法

二重盲検投与期間;CEC により判定された以下に定義するM/M イベントが最初に発現するまでの時間:最長4年:

ベースラインからの治療下[二重盲検(DB)治験薬投与終了7 日後まで]で,CEC により判定された以下に定義する:M/M イベントが最初に発現するまでの時間。 死因を問わない死亡(治療下有害事象(AE) に起因し,DB 治験薬投与中止後4 週間以内に発現した死亡も含む)中止;肺動脈性肺高血圧症(PAH) に関連する予定外の入院(PAH の悪化,心房中隔欠損拡大術,心臓移植を伴う又は伴わない肺移植,あるいは非経口プロスタサイクリンの開始による入院を含む)以下に定義するPAH に関連する疾患進行(両方の基準を満たす):2 週間以内の別々の日に実施した2 回の6 分間歩行距離(6MWD)で評価した,運動耐容能のベースラインから少なくとも15%の悪化,PAH に対する追加治療の開始又はWHO FC の悪化


第二結果評価方法

・二重盲検投与期間:24 週時の6MWD のベースラインからの変化量:ベースラインからWeek24まで:6MWTは、運動耐容能と能力を定量化するために実行される励まし型ではないテストである。この標準化されたテストでは、硬くて平らな面で個人が合計6分間歩くことができる距離を測定する。目標は、個人が6分間で可能な限り遠くまで歩くことである。

・二重盲検投与期間:CEC により判定された,PAH による死亡又は入院の発現のいずれか初回発現までの時間:最長4年間:CEC により判定された,PAH による死亡又は入院の発現のいずれか初回発現までの時間を評価する。

・二重盲検投与期間:24週時のPAH-SYMPACT調査票-心肺症状ドメインスコアに基づくPAH症状のベースラインからの変更量:ベースラインからWeek24まで:心肺症状ドメインは、5段階のリッカート尺度(0から4)で報告される6つの項目で構成される。0は「全くなかった」、4は「非常に重度」に該当する。PAH症状及び影響に関する調査票(PAH-SYMPACT)の症状パートは、7日間毎日記入する。症状パートの評価期間は過去24時間である。心肺症状ドメインスコアの平均スコアは、毎日の6項目のスコアに基づいて決定される。

・二重盲検投与期:24 週時のPAH-SYMPACT質問票– 心血管症状ドメインスコアに基づくPAH症状のベースラインからの変化量:ベースラインからWeek24まで:心血管症状ドメインは5段階リッカート尺度(0~4)で報告される5つの項目から成る。0は「全くなかった」4は「非常に重度」に該当する。PAH-SYMPACTの症状パートは7日間毎日記入する。症状項目の評価期間は過去24時間である。心血管症状ドメインの平均スコアは毎日の5項目のスコアを元に決定される。

・二重盲検投与期間:ベースラインから二重盲検投与期間終了(EDBT)の間に生じた死亡までの時間:最長4年間:ベースラインから二重盲検投与期間終了(EDBT)の間に生じた死亡までの時間を評価する。

・二重盲検投与期間:死亡数:最長4年間:死亡数を評価する。

・二重盲検投与期間:試験治療下でAEを発現した被験者数:最長4年間:試験治療下でAEを発現した被験者数を評価する。

・二重盲検投与期:治験薬の早期投与中止に至ったAEが発生した被験者数:最長4年間:治験薬の早期投与中止に至ったAEが発生した被験者数を評価する。有害事象とは,治験薬が投与された被験者に生じた,あらゆる好ましくない医療上のできごとをいい,必ずしも治験薬の投与との明確な因果関係が認められるもののみを指すわけではない。

・二重盲検投与期間:試験治療下で特に注目すべきAEが発現した被験者数:最長4年間:試験治療下で特に注目すべきAE(すなわち、肝イベント、ヘモグロビン減少/貧血、低血圧、浮腫/体液貯留)が発現した被験者数を評価する。

・二重盲検投与期間:重篤な有害事象(SAE)の被験者数:最長4年間:SAEが発現した被験者数を評価する。

・二重盲検投与期間:試験治療下で心電図(ECG)検査値異常が発現した被験者数:最長4年間:試験治療下でECG検査値異常が発現した被験者数を評価する

・二重盲検投与期間:試験治療下で臨床検査値異常が発現した被験者数:最長4年間:試験治療下で臨床検査値異常が発現した被験者数を評価する。

・二重盲検投与期:血圧のベースラインからの変化量:ベースラインから4年間:血圧のベースラインからの変化量を評価する。

・二重盲検投与期:心拍数のベースラインからの変化量:ベースラインから4年間:心拍数のベースラインからの変化量を評価する。

・継続投与期間:ベースラインから治験終了(EOS)の間に生じた死亡までの時間:最長6年間:ベースラインからEOSの間に生じた死亡までの時間を評価する。

・継続投与期間:死亡数:最長6年間:死亡数を評価する。

・継続投与期間:試験治療下でAEが発現した被験者数:最長6年間:試験治療下でAEが発現した被験者数を評価する。

・継続投与期間:治験薬の早期中止に至ったAEを発現した被験者数:最長6年:治験薬の早期中止に至ったAEを発現した被験者数を評価する。

・継続投与期間:特に注目すべきAEが発現した被験者数:最長6年:特に注目すべきAE(肝イベント、ヘモグロビン減少/貧血、低血圧、浮腫/体液貯留)が発現した被験者数を評価する。

・継続投与期間:SAEを発現した被験者数:最長6年:SAEを発現した被験者数を評価する。

・継続投与期間:試験治療下で臨床検査値異常を発現した被験者数:最長6年:臨床検査値異常が発現した被験者数を評価する。

・継続投与期間:血圧のベースラインからの変化量:ベースラインから6年間:血圧のベースラインからの変化量を評価する。

・継続投与期間:心拍数のベースラインからの変化量:ベースラインから6年間:心拍数のベースラインからの変化量を評価する。

利用する医薬品等

一般名称

Macitentan 10 mg、Macitentan 37.5 mg、Macitentan 75 mg


販売名

オプスミット錠10mg、なし、なし

組織情報

実施責任組織

ヤンセンファーマ株式会社


住所

東京都千代田区西神田3-5-2