Actionable遺伝子変異がない進行又は転移性NSCLC患者の一次治療におけるDato-DXd及びペムブロリズマブ併用療法とペムブロリズマブ単剤療法の比較

治験

目的

本試験は、進行性または転移性の非小細胞肺がん(NSCLC)患者を対象に、datopotamab deruxtecan(Dato-DXd)とpembrolizumabの併用療法とpembrolizumab単独療法との有効性と安全性を評価する。

基本情報

募集ステータス
募集中


フェーズ3

参加条件

性別

男性・女性


年齢

18歳 以上上限なし


選択基準

1.本治験の適格性評価の手順を開始する前に、組織スクリーニングのICF及び治験本体のICFに署名し、同意日を記入している。2.同意取得時点で18歳又は法定成人年齢(いずれか年齢が上の方)以上である。3.以下の基準のすべてを満たすNSCLC であることが組織病理学的に確認されている。a.無作為割付時点で外科的切除若しくは根治的化学放射線療法の対象とならない病期IIIB 若しくはIIIC、又は病期IV(American Joint Committee on Cancer 第8 版に基づき評価)のNSCLC である。b. 腫瘍組織の解析に基づき、上皮増殖因子受容体(EGFR)、未分化リンパ腫キナーゼ(ALK) 及び癌原遺伝子1(ROS1) のActionable 遺伝子変異に関する検査結果が陰性であることが文書で確認されている。c. 神経栄養因子受容体チロシンキナーゼ(NTRK)、癌原遺伝子B-raf(BRAF)、トランスフェクション中再構成(RET)、間葉上皮転換因子(MET)及びその他のActionableドライバーキナーゼなど、各国で承認された治療薬があるActionable 遺伝子変異が認められていない。4.トロホブラスト細胞表面タンパク質2(TROP2 )発現量測定用及びその他の探索的バイオマーカーの評価用として、ホルマリン固定腫瘍組織検体が得られている。5.中央検査機関がPD-L1 IHC 22C3 pharmDx アッセイ(スライド6 枚以上)により判定した腫瘍のPD-L1 発現率が高い(TPS が50%以上)。6.Cycle 1 Day 1 前に十分な無治療期間を有する。7.治験実施医療機関でのRECIST ver.1.1に準じた画像評価で測定可能病変がある。8.無作為割付前28日以内に心エコー検査(echocardiogram、ECHO)又はマルチゲート収集(multiple gated acquisition、MUGA)スキャンで測定した左室駆出率(left ventricular ejection fraction、LVEF)が50%以上である。9.スクリーニング時のECOG PSが0又は1である。10.余命が3ヵ月以上である。11.無作為割付前7日以内に十分な骨髄機能が維持されている。


除外基準

1.進行又は転移性NSCLC に対する全身療法の治療歴を有する。2.アジュバント/ネオアジュバント療法を含む以下のいずれかによる治療歴を有する。a. トポイソメラーゼI を標的とする化学療法薬を含むADC などの薬剤b. TROP2 標的療法c.抗プログラム死受容体-1(PD-1) 抗体、抗PD-L1 抗体若しくは抗-プログラム死-リガンド2(PD-L2) 抗体、又はその他の刺激性若しくは共抑制性T 細胞受容体(例:CTLA-4、OX40、CD137)を標的とする薬剤d.免疫チェックポイント阻害剤上記以外のアジュバント療法又はネオアジュバント療法を受けた患者は、進行/転移性疾患と診断される6 ヵ月以上前までに治療が完了した場合に適格とする。3.脊髄圧迫、または活動性で未治療の中枢神経系(CNS)転移および/または癌性髄膜炎を有する。脳転移の治療歴を有する患者は、放射線学的に安定していることを条件に参加することができる。4.治験治療開始前4週間以内に放射線療法を受けている、又はCycle 1 Day 1前6ヵ月以内の肺への照射線量が30 Gy(国際単位系電離放射線量 )を超えている。5.他の原発性悪性腫瘍(NSCLC 以外)を有する。ただし、以下の場合を除く。a.根治的治療を実施しており、治験薬投与開始前3 年以上活動性が確認されておらず、再発のリスクが低いと考えられる悪性腫瘍b.十分な治療が行われており、病変の所見を伴わないメラノーマ以外の皮膚癌又は悪性黒子c. 十分な治療が行われており、病変の所見を伴わない上皮内癌d.治験責任医師又は治験分担医師が積極的な治療を要さないと判断しており、生化学的な再発又は進行を認めない、(腫瘍/リンパ節/転移の病期)T2cN0M0 以下の前立腺癌の既往を有する患者6.ステロイドによる治療を要する(非感染性の)間質性肺疾患(ILD)/肺臓炎の既往を有する、ILD/肺臓炎を合併している、又はスクリーニング期間中の画像検査でILD/肺臓炎の疑いを否定できない。7.呼吸器疾患の合併による臨床的に重度の肺障害、肺病変の合併がある自己免疫疾患、膠原病や炎症性疾患又は肺全摘術の既往を有する。8.以下に示すような、コントロール不良又は重大な心血管疾患を有する。a. 性別を問わずFridericia 式により心拍数で補正したQT 間隔(QTcF)の平均値が470 ms 超(スクリーニング時に12 誘導心電図で測定した平均値による)。b. 無作為割付前6 ヵ月以内に心筋梗塞の既往がある。c. 無作為割付前6 ヵ月以内にコントロール不良な狭心症の既往がある。d. 無作為割付前28 日以内に実施したECHO 又はMUGA による検査でLVEF が50%未満である。e. スクリーニング時にNew York Heart Association 心機能分類II~IV 度のうっ血性心不全(CHF)が認められる。スクリーニング前における心機能分類II~IV 度CHFの既往がある被験者は、CHF が心機能分類Ⅰ度まで回復し、LVEF(無作為割付前28 日以内にECHO 又はMUGA スキャンで測定)が50%以上である場合に適格とする。f. 無作為割付前28 日以内にコントロール不良な高血圧がある(安静時の収縮期血圧180 mmHg 超又は拡張期血圧110 mmHg 超)。9.臨床的に重要な角膜疾患を有する。10.治験薬の初回投与前30 日以内に生ワクチン又は弱毒生ワクチンの接種を受けている。既承認のSARS-CoV2 ワクチンを接種している患者については、ワクチンの添付文書及び/又は各国の指針に従うこと。11.活動性自己免疫疾患、自己免疫疾患の既往歴又は自己免疫疾患の疑いがある(過去2 年以内に全身療法を必要とする活動性自己免疫疾患を有する)。12.免疫不全と診断されている、又はステロイド(プレドニゾン換算で10 mg/日相当を超える用量)の長期全身投与若しくは治験薬の初回投与前7 日以内に他の免疫抑制療法を受けている。13.コントロール不良のHIV 感染が確認されている。14.活動性肝炎若しくはコントロール不良なB型肝炎、又は活動性C型肝炎を有し、B型肝炎ウイルス感染(HBsAg、抗HBs抗体、抗HBc抗体又はHBVDNA)又はHCV RNAの検査結果に基づき、B型又はC型肝炎ウイルス陽性の患者。15.抗生物質、抗ウイルス剤又は抗真菌剤の点滴静注を要するコントロール不良な感染症を有する。16.同種組織/固形臓器移植を受けている。17.Dato-DXd 又はペムブロリズマブの有効成分又は添加物(ポリソルベート80 を含むがこれに限定されない)に対する重度過敏症反応の既往がある。

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

1.Dato-DXd 及びペムブロリズマブ併用療法とペムブロリズマブ単剤療法の有効性を、盲検下独立中央判定の判定による無増悪生存期間を指標として比較する。期間:無作為割付日を起算日とし、病勢進行又は死亡日(いずれか早い日)まで。最長32ヶ月無増悪生存期間(PFS) は、無作為割付日を起算日とし、固形がんの治療効果判定のための新ガイドライン( RECIST )ver.1.1 に基づく盲検下独立中央判定(BICR) の判定にて病勢進行が初めて画像評価で確認された日、又は死因を問わない死亡日のいずれか早い日までの期間とする。2.Dato-DXd 及びペムブロリズマブ併用療法とペムブロリズマブ単剤療法の有効性を、全生存期間を指標として比較する。期間:無作為割付日を起算日とし、死因を問わない死亡日まで。最長53ヶ月全生存期間(OS) は、無作為割付日を起算日とし、死因を問わない死亡日までの期間とする。


第二結果評価方法

1.Dato-DXd 及びペムブロリズマブ併用療法とペムブロリズマブ単剤療法の有効性を、盲検下独立中央判定の判定による客観的奏効率を指標として比較する。期間:無作為割付日を起算日とし、病勢進行又は死亡日(いずれか早い日)まで。最長32ヶ月客観的奏効率(ORR)は、最良総合効果(BOR) が完全奏効(CR) 又は部分奏効(PR) と確定された被験者の割合とする。2.Dato-DXd 及びペムブロリズマブ併用療法とペムブロリズマブ単剤療法の有効性を、治験責任医師または治験分担医師の判定による無増悪生存期間を指標として比較する。期間:無作為割付日を起算日とし、病勢進行又は死亡日(いずれか早い日)まで。最長32ヶ月無増悪生存期間(PFS)は、RECIST Version 1.1に従って治験責任医師または治験分担医師が評価し、無作為割付日を起算日とし、病勢進行が初めて画像評価で確認された日、又は死因を問わない死亡日のいずれか早い日までの期間とする。3.Dato-DXd 及びペムブロリズマブ併用療法とペムブロリズマブ単剤療法の有効性を、実施医療機関における標準的臨床基準に基づき評価す無増悪生存期間2を指標として比較する。期間:期間:無作為割付日を起算日とし、病勢進行又は死亡日(いずれか早い日)まで。最長53ヶ月無増悪生存期間2(PFS2)は、無作為割付日を起算日とし、次のライン治療中において病勢進行が初めて記録された日、又は死因を問わない死亡日のいずれか早い日までの期間とする。4.Dato-DXd 及びペムブロリズマブ併用療法とペムブロリズマブ単剤療法の有効性を、治験責任医師または治験分担医師の判定による客観的奏効率を指標として比較する。期間:無作為割付日を起算日とし、病勢進行又は死亡日(いずれか早い日)まで。最長32ヶ月客観的奏効率(ORR)は、RECIST ver.1.1 に基づく治験責任医師又は治験分担医師が評価した最良総合効果(BOR) が完全奏効(CR) 又は部分奏効(PR) と確定された被験者の割合とする。5.Dato-DXd 及びペムブロリズマブ併用療法とペムブロリズマブ単剤療法の有効性を、BICR の判定、及び治験責任医師又は治験分担医師の判定による奏効期間を指標に評価する。期間:客観的奏効(CR又はPRの確定)の初回記録日を起算日とし、病勢進行が画像評価で初めて確認された日、又は死因を問わない死亡日のいずれか早い日まで。最長32ヶ月。奏功期間(DoR)は、RECIST ver.1.1 に基づく治験責任医師又は治験分担医師が評価した客観的奏効(CR又はPRの確定)の初回記録日を起算日とし、病勢進行が画像評価で初めて確認された日、又は死因を問わない死亡日のいずれか早い日までの期間とする。6.Dato-DXd 及びペムブロリズマブ併用療法とペムブロリズマブ単剤療法の有効性を、BICR の判定、及び治験責任医師又は治験分担医師の判定による奏効までの期間を指標として比較する。期間:無作為割付日から、客観的奏効(CR又はPRの確定)の初回記録日までの期間とする。最長32ヶ月。奏効までの期間(TTR)は、無作為化から、RECIST Version 1.1に従ってBICRおよび治験責任医師又は治験分担医師の判定による奏効した被験者を対象とし、無作為割付日から、客観的奏効(CR又はPRの確定)の初回記録日までの期間とする。7.Dato-DXd 及びペムブロリズマブ併用療法とペムブロリズマブ単剤療法の有効性を、病勢コントロール率を指標として比較する。期間:無作為割付日を起算日とし、病勢進行又は死亡日(いずれか早い日)まで。最長32ヶ月病勢コントロール率は、RECIST ver.1.1 に基づくBICR の判定、及び治験責任医師又は治験分担医師の判定による最良総合効果(BOR)がCR 若しくはPRと確定された、又はSDとなった被験者の割合とする。8.Dato-DXd 及びペムブロリズマブ併用療法とペムブロリズマブ単剤療法の有効性を、悪化までの期間を指標として比較する。期間:無作為割付日を起算日とし、病勢進行又は死亡日(いずれか早い日)まで。最長53ヶ月。悪化までの時間(TTD)は、European Organisation for Research and Treatment of Cancer Lung cancer module ( EORTC-QLQLC13)により判定する3症状(咳嗽、呼吸困難及び胸痛)のいずれかの値が無作為割付日を起算日として10 ポイント以上増加した日までの期間または、又は無作為割付時点の値から10 ポイント以上増加した日から21 日以内に死亡した期間とする。9.Dato-DXd 及びペムブロリズマブ併用療法とペムブロリズマブ単剤療法の有効性を、治験期間中の治験治療下で発現した有害事象(TEAE)及びその他の安全性評価パラメータを指標として比較する。期間:53ヶ月間。TEAEは、治験治療開始日以降、治験治療終了日の37日後までに開始または悪化したAEとする。10.Dato-DXd 及びペムブロリズマブ併用療法とペムブロリズマブ単剤療法における抗薬物抗体(ADA)の陽性率(ベースライン及びベースライン後)及び出現頻度及び割合を指標として比較する。期間:ベースラインから53ヶ月間Dato-DXd 及びペムブロリズマブ併用療法の免疫原性を評価する。

利用する医薬品等

一般名称

DS-1062a、ペムブロリズマブ


販売名

なし、キイトルーダ

組織情報