特定臨床研究

大腸がん手術後の化学療法における治療方針決定にGuardant Revealを使用した臨床研究

治験詳細画面

目的


この治験の目的は、結腸・直腸がんの手術後の治療方針に、Guardant Reveal検査の結果が患者と医師の共同意思決定にどのような影響を与えるかを調べることです。

対象疾患


大腸がん
がん

参加条件


募集中

この治験に参加するための条件は、20歳以上で、男性でも女性でも参加できます。ただし、治験の目的に合わせて、結腸・直腸腺癌であることが確認されており、手術で完治していることが必要です。また、健康状態が良く、検査値が一定の基準を満たしていることが必要です。治験に参加することに同意していることも必要です。ただし、過去にがんの治療を受けたことがある、または他の病気がある場合は参加できない場合があります。担当医が判断して、治験に参加できるかどうかを決めます。

治験内容


この治験は、大腸がんの治療方法を研究するものです。治験のタイプは「介入研究」で、患者に新しい治療法を試してもらいます。主な評価方法は、初回の検査前後で推奨治療が変更された患者の割合を調べることです。また、医師の自信のレベルや患者の意思決定に関するスケール、治療の変更率、生存期間、有害事象の頻度なども評価します。治験の目的は、より効果的で安全な治療法を見つけることです。

治験フェーズ

情報なし:

利用する医薬品等

利用する薬品情報はありません

実施組織


公益財団法人がん研究会有明病院

東京都江東区有明3-8-31

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。