特定臨床研究

認知症や軽度認知障害の患者に対する光療法の比較試験

治験詳細画面

目的


この治験は、認知症や軽度認知障害の患者に対して、フォトバイオモジュレーションという治療法を試すためのもので、無作為化二重盲検並行群間比較試験という方法で行われます。

基本情報


募集ステータス

募集中

対象疾患

アルツハイマー病
軽度認知障害
認知症

フェーズ2

参加条件


この治験に参加するための条件は、60歳以上90歳以下で、男性でも女性でも参加できます。また、治験を行う病院に通っていたり、早期のアルツハイマー病と診断された人、認知機能が15点以上30点以下の人、一緒に過ごす人がいて、スマートフォンやパソコンを使って連絡や質問に答えられる人、治療が安定している人、大きな環境変化が予定されていない人、そして同意ができる人が参加できます。ただし、精神疾患や知的障害などによる認知機能低下がある人や、頭部画像が撮影されていない人、治験に参加する予定がある人、その他不適当と判断された人は参加できません。

治験内容


この治験は、アルツハイマー病による軽度認知障害や軽度認知症の人たちを対象に、新しい治療法の効果を調べるものです。治験の段階はフェーズ2で、介入研究と呼ばれる方法で行われます。主要な評価方法はADAS-Cogというもので、他にもMMSEやCDR、DEMQOL、NPI-Q、ZBI、CGI-I、PGI-I、満足度、安全性、盲検化などの評価方法があります。治験の目的は、アルツハイマー病の症状を改善する新しい治療法を開発することです。

利用する医薬品等


利用する薬品情報はありません

組織情報


実施責任組織

国立精神神経医療研究センター病院

東京都小平市小川東町4-1-1

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。